向井宏のかなりピンボケ日記

思えば遠くへ来たもんだ/海援隊

恥めまして、株式会社ボーダーレス 代表取締役の向井です。
2007年12月に会社を設立してから6年足らず、
本当にいろんなことが起こりましたが、何とか生き延び、ボーダーレスもやっと会社らしくなりました。

これもお客様からのご支援はもちろん、パートナー企業様のご協力、社員みんなの積み上げてきた努力のおかげだと思います。
そして、僕も僕なりに頑張りました。

最近、もし当社副社長の本田と出会わなかったら、ボーダーレスを作らなかったら
僕の人生はどうなっていたんだろうと考えてしまいます。

会社設立前は、東南アジアでの3年間のカメラマン生活に終止符を打ち、帰国してきたばかりでした。
お金もないし、疲れ切っていて、俗にいう燃え尽き症候群みたいな状態でした。
公園で、焼きそばパンを食べながらハトばかり見ていました。
そして、どこか遠くに行きたいなあ! 今度はアフリカかな?
と、ぼんやりと、真実味のない将来を想っていました。

それから偶然、本田と出会い、一緒に会社を作って今に至ります。
多くのお客様と、一緒に映像を創る仲間を得ました。

もし、本田と出会わなかったら?
もし、ボーダーレスを作らなかったら?
それは、きっと愚問なんだと思います。
どうであれ、僕はきっと誰かと出会い、何かをしていたと思います。
そして、「あれから6年か!思えば遠くへ来たもんだなあ」
って、呟いていることでしょう。

 

猛暑のせいなのか、感傷的になる今日この頃ですが、
株式会社ボーダーレスを今よりも発展させ、
僕らに関わってくれているすべての人に貢献していきたいと思います。