しのP日記

○○恐怖症

今日はふと恐怖症のことが気になったので、自分の恐怖症についてお話しします。

 

恐怖症についてWEBで検索をしてみると

閉所恐怖症・高所恐怖症・先端恐怖症・視線恐怖症・道化恐怖症・SNS恐怖症・ダム穴恐怖症・巨像恐怖症・・・

といった色々な恐怖症が出てきました。

後記の方は「そんな恐怖症があるんだ!」と目新しい恐怖症達ですね。

 

恐怖症とは

恐れる理由はないことがわかっていながらも、たいして危険でも、脅威でもないような対象や状況に対して、不釣り合いなほどの激しい恐れを抱く症状。

とありました。簡潔で分かりやすい・・・

 

さて、私の恐怖症ですが自分で名前を付けてみました。

「行動前動作恐怖症」です。

どういったものかと言うと、人が次に起こす行動の前にする癖みたいな動作のことです。

 

例を上げますと、ボーダーレスがまだ1~2年目の頃、私はグラフィック担当・本田が編集担当で作業をしていました。

私が作ったグラフィックを本田に渡し、本田が編集をするという流れです。

ここで私の「行動前動作恐怖症」が始まるのですが。。。

私が作ったグラフィックを編集で組んでみたときに何か違うなと思った本田は当然、「しのP!ちょっといい?」と声をかけ、

「ここ、もう少しこんな感じがいいと思うんやけど、どう?」みたいなやり取りが発生します。

その「しのP!ちょっといい?」の前に本田は咳払いをするのです。

習慣というものは怖いもので、本田が咳払いをすると「あ、なんかあったな」と感じるようになってきました。

大げさに恐怖症と付けましたがこれが私の「行動前動作恐怖症」です。

恐怖ではないですが、ドキっとするものはあります。

 

その他にも、些細なことで行動前動作恐怖症はどんどん生まれていきます。

女性の視野は草食動物並みと言われますが、これが影響しているのではないかと思います。

 

みなさんも「行動前動作恐怖症」はあるのではないですか?

以上、今週のブログでした。

 

 


株式会社ボーダーレスWEBサイトへ

新着記事

カテゴリー