SP版に切り替える
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

メインスタッフ紹介

和田 要

クリエイティブチーム/ディレクター

和田 要

Wada Kaname

東京都生まれ

● 得意分野 撮影・編集
● 趣味 ダーツ・ゲーム・居酒屋巡り
● 座右の銘 『棒ほど願って針ほど叶う』
● 好きな映画監督 堤幸彦

● 思い出深い仕事 フリーランスを始めた頃に受けたVJ業務
● 好きな映画 戦場のピアニスト・プライベート・ライアン・ミスト・サイレントヒル
● 休日の過ごし方 ゲーム・映画・舞台鑑賞・謎解きイベント・飲み

元々は音楽志望で

もともとは音楽をやりたかった…はずなんですよね、たしか。高校生ぐらいの頃って、漠然と心配になってきたりするじゃないですか?「将来、自分がやりたい仕事ってなんだろう」とか。ちょうどその頃、ダンスをやっている友達がいて。バックに流す音楽を僕が作ったりしていたんですよ。サンプリングって呼べるほどのものだったかどうか(苦笑)。簡単なソフト使って、今から思えば、まあ遊びの範疇だったんですけれど。でもその時は「自分の進むべき道は音楽かも!?」なんて真剣に考えたりして。いちおう、自分なりに色々と調べて、ミキサーとかマイクとか、必要なものを少しずつ集めていたりもしましたね。

同じ頃に、かなり年上の知り合いともよく一緒に遊んでいたんですよ。何でも話せる先輩という感じの。その人が映像制作をやっていたんです。話をいろいろ聞いているうちに、ちょっとずつ「映像の世界もあるのか?面白そうだな…」と思い始めて。決定的だったのが“フラッシュアニメーション”。存在を初めて知ったのは、時期的にはちょうど流行り始めの頃ぐらいだったと思います。僕らの世代の映像クリエイターには、あの頃のフラッシュのブームをきっかけに、この道へ進んだ人も多いはずですよ。今の技術からすれば幼稚なものだったのかもしれないけれど、ネット上であんな表現が、しかも個人で作れるなんて衝撃でしたね。「映像の世界もいいかも?音楽も生かせそうだし!」。進路は映像制作の専門学校に決まりました。

気が付けばマルチタスクな映像マンに

いちおう、色んな映像専門学校を見学したんですよ。その中で『現場で学べる』ことをウリにしていたところを選択。就職に有利そうだと思ったんです。いざ入学してみると、そこは想像していた以上の現場主義で。『制作第一』『パソコンの前に座っているよりも現場に出ろ!』というような校風だったんです。よく言えば実践的ですよね。別の言い方をすると、座学的な部分が弱い(笑)もう、入学してすぐにカメラ持たされてPV撮影に行かされるような学校で。仕方ない、授業中は真面目に撮影の現場を学んで、休日にAfter Effectsなどを独学する日々。大変でしたけれど、でもそのお陰で、在学中にはすでにフリーの映像制作者として、ある程度はお金を稼げるようになっていました。現場もこなせる、編集もできる、CGも少しはできるという、マルチタスクな映像マンになりつつあったんです、気が付けば。

入学のいきさつから考えると、そのまま行けば今頃はCGの専門家になっていてもおかしくないんですよね。そんな僕が、こうやってボーダーレスのディレクターになっている。しかも、今はむしろ現場に出てディレクションするほうに喜びを感じていたりする…我ながら、なかなか楽しい人生だなぁと思います。今後はさらにもっともっとディレクターの仕事を極めていきつつ、編集や撮影といった技術的な部分も成させて、マルチタスクな映像マンであり続けたいですね。ボーダーレス自体が映像に関して苦手を作らないマルチタスクな制作会社ですし、スタッフにもマルチなクリエイターが多いから、縁というか必然的というか、自分のキャラクターを活かせる場でもあるように感じています。

本来はインドア派。しかし…

ボーダーレスを一言でいうと、『フレッシュ』。若い!そこにまず衝撃を受けましたね。一般論ですけれど、映像業界って、ベテランが中心の体育会系っていうイメージが強いじゃないですか。その点、ボーダーレスは自分と同じ世代のスタッフが中心なので、話しやすいところがいいですね。変な気を遣わなくていいし。そして何より、お互いが切磋琢磨できる。歳が近いからこそのライバル意識みたいなものも、無言のうちに生まれてきていると思うんです。かといって、ギスギスした雰囲気は全く無くありません。仕事の上での意思疎通はスムーズ。とっても話しやすいですし。いい意味でのライバルが身近にたくさんいるという感じです。プライベートな時間でもみんな仲良いですしね。

で、そんな僕のプライベートですが…映画観たりゲームしたりっていう。普通ですね(苦笑)。最近はあまり自慢できるようなオフの時間を過ごせていないかも?元々インドア派で、あまり外に出て遊ぶタイプではないんですよ。でも、その代わりと言っては何ですが、嫁が完全なるアウトドア派でして。休日はよくいろんなお出かけに付き合わされています。『リアル脱出ゲーム』ってご存じでしょうか?全国あちこちで開かれているイベントですけれど、夫婦二人でよく参加していますね。あとは一緒に映画や演劇を観に行ったり、お酒を飲みに行ったり…最近は飲みばっかりかな?夫婦揃ってお酒が大好きなんで。でも、出不精な僕を無理やりにでも外に引っぱり出してくれるんだから、嫁には感謝していますね。本当にありがたいですよ。

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • 向井宏のかなりピンボケ日記
  • 映批本談
  • しのP日記
  • ボーダーさんのブログ ~ボーダーレススタッフのブログ~
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧