SP版に切り替える
ゲスト対談
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

ゲスト対談

東海林龍 × 向井宏

面白さの発見

東海林:クリエイターでチームを組むときは、撮影班があって、ディレクション班があってと
いうことですか?

向井:そうですね。得意不得意があるんで、グラフィックが得意な人と編集が得意な人、そして編集でもイメージ的な編集が得意な人と、ロジックを組んで編集するのが得意な人。

野球で言ったら4番で長打力はあるけど、技巧派じゃない。これを組み合わせて一つのチームを作るのがクリエイターで、切磋琢磨しやすいですね。

東海林龍・向井宏

東海林:新しい方が入ってきた時は、当然その人のやりたい方向性っていうのものを、皆さん個々にもっておられると思うんですね。

僕はプロモーションビデオみたいなの撮りたいっていう人もいれば、ドキュメント撮りたい、生物的なもの撮りたいって人。

そういう希望に対して、向井さんは第一希望を優先して、仕事やチーム分けを決めていくんですか?それともそれは関係なく決めていくんですか?

向井:一通りやってもらいますね。向き不向きもありますし、気づいていないと思うんです。やってないのにやらず嫌いというか、クリエイターの新人や若い子って、音楽PVや映画、いわゆる格好いいとされているもののほうが、やっぱし誰でもやりたいんですよ。

例えば商品の説明映像とか、ピンときてないんですよね。好きとか嫌いとか。でも販促の映像ってロジックを組んで、作るのはかなり面白いんですよ。

結果がでたら、クライアントさんが喜んでくれて、数字として成果がでるんで、やりがいがあるんですよね。そういった喜びを知ってもらえたら、PVよりも販促用の映像のほうが面白くて、気付く人はそっちをもうガーッと勉強しだしたり。

東海林:そこは役者と一緒ですね。アニメやりたいって子でも、いや君はナレーションだろ、フリートークでMCのほうがいいでしょとか。本人がやりたいことで、一番可能性が伸びるとは限らないですよね。

基礎を怠るな

向井:そうですね。声優の方にも言えることかもしれないんですけど、基礎能力がついてない子が多いですね。映像ってきっちり撮影してちゃんと並べて編集するっていうのは基本で、大事な当たり前なことなんです。

その上に技術や器用さ、格好よくみせる方法とかがついてくるものだと思うんですけど、学生のときって簡単な基本のところは無視するんです。タレントさんや声優さんのオーディションをしていても、ナレーションの人だったら、大きな声で話し続けるとか、同じトーンでとか。

一番根本の部分だとと思うんですけど、そこのトレーニングを無しに可愛い声を出すとか、イントネーションだけを変える。その上の分かりやすいところばっかしやっていて、基本ができてないから、伸び悩んでるのかなと。

東海林:そこじゃねーんだよ、っていうところですよね。

向井:そうなんですよ。そこはその次でいいからって。

東海林:そこに意識を置けてない子は確かに多いですね。

向井宏

向井:やっぱり基本って大事。何回も何回も反復して、基本っていうことは立ち戻っていかなくちゃいけないから、若い人達にそれをやってほしいですね。映像の人でも。

東海林:映像は特に大事ですよね。僕も若い頃、スクリプターがちょっと動きだすとすごく怖かったですもん。あれっ今手あげるタイミング間違ったかな、みたいな。

でも、そういうのとを全く気にしないというか、存在を知らないですよね。そこの繋がりを大事にしなければいけないという感覚、考え。

向井:演者の人でも芝居をつけたり、演出をしているときでも、可愛かったり笑顔の作り方はうまいんだけど、ちゃんと歩けないっていうんですか。

東海林:それは…すごく課題です…。

向井:すごい良い素材なのに。歩く練習ってつまらないと思うんですよ。鏡見ながらね。その単純なことの繰り返しをやってないな、もったいないなって。

東海林:人前に立つっていうことの意識、見られる立場である意識、意識というか考えが薄いんですよね。

向井:それって才能じゃなくてもいいんですよね。反復さえすれば誰だって身に付く。僕だって見に付くと思いますし。それをやってなくって、その上の技術というか器用さみたいなのが身に付いている。

東海林:口先だけでちょっと喋って(笑)

向井:それでなんとかなってる。けど、いや基本は勉強しよって、それなりに出来るんだから。基本さえやればグッと伸びるのに、若い人たちは特に。

東海林:板の上に立つって言葉がよくありますけど、立つ歩く座る、所作的なところですかね。そういったところが本当に上ずっちゃうんですよね。

舞い上がってしまうというか。舞い上がった状態、上ずった状態で台詞を言えば、言葉は全てハネてしまいますし、音も通らないし、表情も本当に表面だけになってしまう。見てる僕からしたら薄っぺらいなと。

向井:映像や撮影だと、見るっていうのが大事だから、きっちり見る訓練をしてなかったり。

東海林:教育という過程で伝えることは非常に難しいですね。ステップアップとして、体作りから僕はやろうと思ってるんですけど、まず筋力ありきで自分の身体を支える。普段はラクに生活できちゃうじゃないですか。普通に喋れるし、普通に歩けるし、普通に駅まで自転車に乗って行けるし。

その普通の楽な筋肉では、人前に立つべき身体作りができないと思うので、心もそうですけどまず身体をしっかりと作る。という教育をして、浸透させていきたいなと思っているんです。

若者に伝えること

向井:僕らはいやがおうでも若者の上に立って何か発信していく、発言していく立場にあるじゃないですか。僕らはどういうことを発言していくべきなんでしょうか?

東海林:質問返しで失礼なんですけど、若者全般のイメージで答えるべきか、うちの所属というか僕が関わりを持つ役者の卵の若者たちに対する思いだとしたらどちらですかね?

向井:卵ですかね。僕らの職業に憧れている若者たちです。

東海林:僕は常に言っているんですけど、芸能界は運と縁と勘だっていう話。

一同:(笑)

東海林龍・向井宏

東海林:持って生まれた運、生活して生きていく中で培っていったご縁、そしてそのご縁を嗅ぎ分ける直感、その自分の直感を信じてご縁を繋いでいくと、元々もっていた運がプラスアルファして、この作用がすごく広がっていくということを必ず話すんですね。

なにが言いたいかというと、ちゃんと自分で自分自身のことを信じてあげて、やりたいものを見失わないように、演劇の世界で頑張っていってくださいってことを、必ず僕は伝えています。

向井:僕は映像とかって憧れた瞬間があると思うんですよ。10代のときか20代になってからか、これでやりたいなという時の気持ちを常に忘れずに、最初はすごくピュアな気持ちだと思うんです。

そのうち色んな情報が入ってきて、色々迷うと思うんですけど、最初はこれ格好ええな、映像作りたいな、って思った瞬間の感情っていうのは振り切れているというかね。それで、色々知ることによってブレると思うんですよね。

東海林:そうですよね、知るとブレるんですよね(笑)

向井:知るとブレるんですよ。技術が付くとまたブレるんです。だからある日突然、映像やってみよって思ったときの気持ちを、くじけそうになったり、迷ったときに思い出してほしいですね。そして持続させてほしいですね。何度も呪文のように。その時の感情を。

東海林:初心忘れるべからず、的なところですね。

向井:そうですね。初心忘れるべからず。その時の感情を忘れるべからずというか。

東海林:心に芽生えた瞬間、そこの中心にあるものってすごく大事ですよね。

向井:後は才能や運とか、いろいろなものが関わってプロになって、商売ができてってあると思うんですけど、それはやってみないと分からないので、もう辞めたら終わりじゃないですか、結局のところ。

東海林:ほんと、辞めたら終わりですね。

向井:辞めるんだったらさっさと辞めたほうが。

東海林:後の人生には(笑)

向井:後の人生には(笑)でも僕らとしてはやっぱり辞めるなと、信じてやれと。

信じるというのは、途中で色々言われてきた言葉じゃなく、最初に自分が映像に憧れたときの感情を信じてほしいなというのが、やっぱみんなに伝えたいことかなと思います。

東海林龍・向井宏

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • 向井宏のかなりピンボケ日記
  • 映批本談
  • しのP日記
  • ボーダーさんのブログ ~ボーダーレススタッフのブログ~
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧