しのP日記

夢について

たまに変にリアルな夢を見ることがあります。

頭が起きているときに考えると、現実では有り得ないというような夢です。
そんな夢はいつまでたっても覚えているものです。

夢と言うのは、寝ているときに脳に記憶した膨大な量の情報を重要そうなものと
そうでないものをそれぞれの引き出しに分けている最中に見るものらしく、
様々な情報が行き来しているので、へんてこな夢が出来上がるらしいです。

そんな感じで完成される夢なので、よく思い返してみたら・・・
そういえば一瞬、あいつのこと考えたな!とか、
意識はしていなかったけどあんな建物みたな・・・とか心当たりが。
そんな探りを入れるのも楽しいものです。

私の一番のお気に入りの夢はパーマンの一員になって一緒に空を飛ぶ夢です。
最初はうまく飛べないのですが、コツをつかんでくると自由自在に空を飛べます。
こういったハッピーな夢ばかりだといいのですが、たまに残酷な夢も見ます。
カラスが嫌がらせで部屋に突入してくるので腹が立った私は
窓に日本刀を格子状に設置して入ってくるカラスを撃退するというような夢です。
結構残酷だったのであまり描写しないようにします。

夢を題材にした映画は多数ありますが、私も一度夢についての作品を作ってみたいです。


株式会社ボーダーレスWEBサイトへ

新着記事

カテゴリー

人気記事