篠原 智子

ステージなら、自分自身で作ればいい。

グラフィックチーム
アートディレクター

篠原 智子Tomoko Shinohara

得意分野 デザイン
趣味 お菓子作り
座右の銘 『結婚は人生の墓場』
好きなスポーツ 跳び箱。個人競技が好きです。
尊敬する人 野田凪さん、Michel Gondry監督。
好きな映画 オールジャンル。サスペンスは特に好きです。
映像を始めたきっかけ 高校時代、友人と企画したファッションショーで映像を担当したこと。

ステージなら、自分自身で作ればいい。

学校を卒業し、迷いを抱きつつ映像制作会社で仕事に向き合っていた時、「会社を立ち上げたから手伝って欲しい」と誘われ、当社のモーショングラフィック制作を、私がすべて担うことになりました。仲間とゼロから顧客を作り、映像を生み出し、信頼を手にし、仲間を作る…これを繰り返す中で、私は、この手で、道を拓いていけることを知りました。

ステージに立てるのかが不安なら、自分でステージを作ればいい。自信が無いなら、自分の手で掴み取ればいい。今、私は、それが当たり前のことだと思っています。しかし与えられた仕事をこなす日々では、そう確信することは出来なかった。道を切り開くことができる自分の姿に、気づくことは無かった。年齢やキャリア等関係なく、私の個性や感性を信じてくれた、仲間がいたからこそ、今の自分があるのだと思います。

チーム・ボーダーレスが、国境を越えるために。

作りたいものは、無限にある。発想の原動力は、至るところにある。日常風景、夢の中、童話やファッション…あらゆるモノから刺激を受ける。だから、どれだけ忙しくても、私は作品を作り続けます。そして、世界の映像賞で成果を手にするアートディレクターになります。世界から篠原智子へ直接仕事の依頼が来るような、そんな人間に。

私がそこへ到達すれば、ボーダーレスの仲間たちも、きっと後に続く。映画やCMなど、自らの作品を世界に見せつける仲間が増えると思う。私は彼らがそんな挑戦ができるよう、必要な組織体制を作っていきたい。私がボーダーレスに参加したことで自分の可能性を見出だせたように、仲間たちが自分の可能性を見出だせる組織へと育てられたなら、こんなに嬉しいことありません。

篠原 智子の対談

  • 映像の原体験のひとつと言える『映画』の話

    代表取締役

    向井 宏

    アートディレクター

    篠原 智子

    映像の原体験のひとつと言える『映画』の話

    この対談を見る

  • デザイナー篠原、ディレクター中田の対談

    アートディレクター

    篠原 智子

    ディレクター

    中田 修平

    デザイナー篠原、ディレクター中田の対談

    この対談を見る

スタッフ一覧ページへ戻る

映像・動画制作をご検討のお客さま

映像・動画制作の目的は、お客さまによって違います。
お客さま一人一人の目的やお悩みに対して的確で柔軟なご対応ができるのは、
完全内製化体制で実績を積んできたボーダーレスならでは。

映像・動画に関するご相談は、対応力と制作技術に自信を持つボーダーレスにお任せください。

ご相談や無料お見積りのご依頼は、電話またはメールからお気軽にどうぞ。

お気軽にお問合せ下さい
03-5829-9155
平日10:00~19:00
(土・日・祝日を除く)

無料相談・無料お見積りはこちらから

スペシャルコンテンツ

ボーダーレスを支えているクリエイターや、
ボーダーレスの映像・動画制作についてわかりやすくまとめたスペシャルコンテンツを公開しています。
映像・動画制作のご依頼が初めてのお客さまにもおすすめのコンテンツです。

  • 動画制作の流れ
  • 動画制作Q&A
  • 設備紹介
  • 動画雑学コンテンツ

その他の動画制作関連サービス

ボーダーレスがプロデュースしている映像・動画制作関連サービスと、
ボーダーレスにご協力いただいている企業様のご紹介です。

Pagetop