SP版に切り替える
キーワード用語集
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

外国人映画監督

基本情報>
ロバート・ゼメキス(Robert Zemeckis 1952年5月14日~)
SFXやアニメーションを積極的に映画に利用するアメリカの映画監督、脚本家。

映像作品に対するこだわり>
若い頃からその才能を有望視されていた逸材で、学生時代に監督した「Field of Honor」は業界でも注目の作品となり、大学の先輩であるジョン・ミリアス(ダーティ・ハリーや地獄の黙示録の脚本、コナン・ザ・グレートの監督などで有名)の紹介で、のちに大恩人となるスティーヴン・スピルバーグ監督の作品「1941」を、大学の同級生だったボブ・ゲイル(「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の脚本で有名)と共同執筆する。彼の作品の特徴としてSFXやアニメーションを自由自在に駆使する点が挙げられる。本当に些細なシーンにまで視覚効果を演出することも多い。80年代のハリウッド映画界には、CGの技術がまだ今ほど成熟してなかったこともあるが、リアル(CGや特殊撮影などを使わない映像)の映像にこだわり、そういった技術に対してアレルギーを持つ監督も多かった。そんな中、ゼミキスはいち早くその効果を認識、自身の作品の演出に積極的に使うようになる。それは後のCG技術の可能性を探求するという行為であり、彼の作品の様々な部分でその努力と実験を見ることができる。その結晶はまず「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の世界的な大ヒットで実を結ぶ。その後も試行錯誤を繰り返し、完成の域に達したのが、歴史的な有名人たちとトム・ハンクスが違和感なく同席していた「フォレスト・ガンプ/一期一会」である。近年では3D技術に対しても非常に熱心であり、「ベオウルフ/呪われし勇者」などの作品で使用されている。新たなる映像作品の申し子としてハリウッドに現れたロバートの映像実験は、今もなお続いている。

エピソード>
映画監督のスティーヴン・スピルバーグとの関連が強い。上記の通り「1941」に脚本として参加して以来、スピルバーグのプロデュースで多くの作品を製作している。映画「フォレスト・ガンプ/一期一会」のアカデミー賞授賞式ではプレゼンターがその恩人のスピルバーグであった。

2000年代に入ってから、ゼメキスは「ポーラー・エクスプレス」「ベオウルフ/呪われし勇者」「Disney’s クリスマスキャロル」と、3本のアニメーション作品を監督する。このとき、アニメ作品はカメラの配置場所に気を遣わなくてよく、自分の思いのままの視点から撮れるので素晴らしい、と感心したそうである。

代表作品>
バック・トゥ・ザ・フューチャー
ロジャー・ラビット
フォレスト・ガンプ/一期一会

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧