SP版に切り替える
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

日本人映画監督

基本情報>
小津 安二郎(おづ やすじろう 1903年12月12日~1963年12月12日)
日本の映画監督。黒澤明溝口健二成瀬巳喜男ら共に日本を代表する映画監督に数えられる。「小津調」という独自の世界観を持ち、「小津組」と呼ばれる固定スタッフ・メンバーで映画を撮り続けた監督。東京都深川区生まれ、三重県松坂市育ち。血液型A型。

映像作品に対するこだわり>
「小津調」と呼ばれる独自の撮影技法を持つ。ロー・ポジションで撮影されカメラは固定、ショット内の構図を変えない、常に標準レンズを用いる、映画的技法を廃するなどが挙げられる。また、大きな特徴として日本文化の生活様式へのこだわりなどがある。特に「美」に対する意識が非常に強かったとされ、小道具なども可能な限り本物の美術品などが使われた。戦後の日本の風景を撮る際にも、絶対にガレキの山や汚れた軍服を着た男を撮らなかったという。また美への徹底は道具だけではなく当然、俳優にも求められた。そのため俳優の動きだけではなく視線までも徹底し、監督の納得のいくまでリテイクを繰り返したという。岩下志麻は小津の遺作である1962年公開の「秋刀魚の味」に出演した際、巻尺を手で回すというシーンだけで100回近く撮り直しさせられたという。また、役者のアドリブを徹底的に嫌い、原節子とともに小津監督作品になくてはならない存在だった笠智衆でさえも「作品に表情はいらない。能面のつもりで」と言われたそうである。だが、この姿勢は周囲の若手スタッフから反発を受けることも多く、結果、「小津調」の正統的な後継者を作れなかったということの原因の一つとなっている。同じテーマや同じ俳優陣を使うことで知られ、代わり映えのしないテーマやキャストに対する批判はあったが、小津は「豆腐屋だ」と自身を表現して、カレーやとんかつを作っても上手くいかないと述べている。小津映画に欠かせない存在で、『20世紀最高の女優』といわれる原節子は、小津監督の通夜に出席したのを最後に、表舞台から一切の姿を消した。

エピソード>
日本国内だけではなく、世界的に知名度のある数少ない日本人監督のひとりである。ヨーロッパを中心に評価が高まり映画監督であるジャン=リュック・ゴダールの作品「映画史」において溝口健二・大島渚・勅使河原宏と並んで小津安二郎は紹介されている。その他、多くの監督が小津に敬意を評する発言をしている。ただし、小津が世界的に知られ評価されるようになったのは、彼の没後のことである。

代表作品>
晩春
東京物語
彼岸花

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧