SP版に切り替える
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

日本人映画監督

基本情報>
利重剛(りじゅう ごう 本名:笹平 剛 1962年7月31日~)
日本の俳優であり、映像作家である。映画監督としても多才であり、「クロエ」など、世界各国で評価の高い作品を撮っている。また、映画だけではなく、テレビ版「濱マイク」など、ドラマやCMなど手広く映像作品の製作を行なっている。神奈川県横浜市出身。母は「3年B組金八先生」やNHK大河ドラマを手がける脚本家の小山内美江子。妻は元“プリンセス プリンセス”のキーボード担当の今野登茂子。

映像作品に対するこだわり>
母親が元々「3年B組金八先生」などの学園ドラマの脚本を書いていたため、高校生の頃、友達を集めてリアルな高校生の実態や考え方をまとめ上げ、母親にアドバイスしていた。それが利重監督の脚本やアイデアなどを含めて映像作品に関わるきっかけとなっている。母親の小山内美江子は元々映画監督志望であったが、当時は「女性に映画監督は無理」という時代であり、それならばと脚本家への道を歩んだ。よって利重はいわばサラブレッドであり、母親の夢を叶えたということになる。1981年に「近頃なぜかチャールストン」のプロットを映画監督の岡本喜八に持ち込み、主演、共同脚本、助監督を務めることになる。財津一郎や田中邦衛、寺田農や岸田森といった一流役者陣に囲まれて主役を演じ、絶賛された。個性派俳優として知られ、TVドラマから有名映画まで幅広く出演し、俳優としてのキャリアは長い。またエッセイの執筆も行なっており、脚本の質も高い。監督としての実力についても非常に高評価で、悲しい恋を描いたラブストーリー「クロエ」では第51回ベルリン国際映画祭、モスクワ国際映画祭などに正式出品、または招待されている。国内外で高い評価を得ている。映像作品のテーマに「どうずればすべての人が幸せになれるんだろう」という普遍的な議題を選んでいる。また、現在の妻は国民的大人気バンドだった「PRINCESS PRINCESS」の元キーボーディストであり、現在も利重監督作品の音楽を担当するなど、内助の功で彼の映像製作を支えている。

エピソード>
芸名である「利重剛」は祖父の名前である「利重(とししげ)」からとったものである。芸名に関して祖父が大好きだったためとしている。

代表作品>
ZAZIE
BeRLiN(ベルリン)
クロエ

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧