SP版に切り替える
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

日本人映画監督

基本情報>
渡辺 勝也(わたなべ かつや 1965年9月20日~)
いわゆる特撮モノと呼ばれるジャンルを意欲的に担当してきた映画監督。現在ではスーパー戦隊ものだけでなく、東映特撮作品の中心監督として活躍している。愛称は「ナベカツ」。神奈川県茅ヶ崎市出身。

映像作品に対するこだわり>
監督の役割を「見せ場」を作ることだと語っており、台本打ち合わせの段階では渡辺側から要望は出さないようにしている。脚本家は撮影に入ってしまうと口を出せないので、台本作りの段階ではいろいろなアイデアを盛り込んで欲しいとしている。全員が面白いものを作りたいという意思を前提に、各担当者がそれぞれの担当場所で全力を出せる現場作りを心がけている。派手な演出が特徴であり、炎や爆発を得意とする。またキャラクターの目に炎を映し出すのも得意で「目に炎のナベカツ演出」と呼ばれている。その他、夕陽をバックにした演出が多く「夕陽の渡辺」ともいわれている。映画監督であるジョン・ウーのファンであり、作品内にスローモーション演出を使用することも多い。また、戦隊ヒーロー物において、メンバーの戦闘時以外の素顔のシーン、いわゆる『マスクオフ』な状態時の演出に心を砕く監督としても知られている。ヒロイン役の女優からは、女の子をキレイに撮ってくれてうれしい、といった賞賛を受けている。渡辺監督自身、子供の頃に観ていたヒーロー物の作品では「ウルトラマンタロウ」が好きで、それは他のウルトラマンシリーズとは違い、地球を防衛する“ZAT隊員”たちが、戦闘前に基地の中などで、和気あいあいと楽しく会話しているシーンが多かったからとインタビューで述べている。チームワークの重視は、作品内だけでなく、スタッフ間に対しても重視しているという。例えばカメラの担当者に対しては、自分の中のある程度の狙いだけを伝え、あとは本人たちにおまかせするという。そのスタッフにしかできないことをさせることが、任せられた者と任せた自分との信頼関係を強くしているという。

エピソード>
非常に温厚な性格で知られ、自他共に認めるほどである。その渡辺が声を荒げたのは「忍風戦隊ハリケンジャー」では声を上げて厳しく演技指導をしている。その理由として「自分が責任を持って諸田敏監督や小中肇監督にバトンを回さなきゃならないと思い、敢えて厳しく指導した」と語っている。

代表作品>
スーパー戦隊ワールド
忍風戦隊ハリケンジャー シュシュッと THE MOVIE
海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧