SP版に切り替える
映画作品一覧
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

外国人映画作品

基本情報>
アメリカン・グラフィティ(あめりかん・ぐらふぃてぃ American Graffiti)
1973年8月11日に公開されたアメリカ映画。
監督はジョージ・ルーカスであり、脚本も自身が務めた。自分の高校時代の生活をベースに作成された大衆映画である。低予算で作成されたにも関わらず大ヒットを記録したので「興行的に最も成功した映画」と評価された。カリフォルニアの田舎町で、ハイスクールを卒業し都会へと巣立っていこうとする若者たちの最後の一夜を、“オールディーズ”のナンバーと共に描いた青春群像ストーリーの決定版。本作の成功によって、ルーカスは一躍ヒットメイカーの仲間入りを果たした。公開時のキャッチコピーは『1962年の夏、あなたはどこにいましたか(Where were you in ’62?)』なお、1979年には続編の「アメリカン・グラフィティ2」が作られた。

あらすじ>
1962年。舞台はカリフォルニア北部の小さな地方都市。若者たちの楽しみはカスタムカーを乗り回し、女の子をナンパすることだった。若者たちの溜まり場である「メルのドライブイン」にいつもの仲の良い4人組が集まった。カート(リチャード・ドレイファス)、スティーヴ(ロニー・ハワード)、テリー(チャールズ・マーティン・スミス)、ジョン(ポール・ル・マット)。高校を卒業したカートとスティーヴが東部の大学へ進学するため街を出てしまう。その日は4人で集まることができる最後の夜だった。最後の夜にいつものような刺激的なアクシデントが4人組を巻き込んでいく…青春時代の甘い一時がまるで落書き(グラフィティ)のように綴られる。

エピソード>
やり直しを求める俳優陣に対してルーカスは撮り直しを許さないなど、全編に渡り「偶然によるリアリティ」が大切にされた作品であった。

設定は夏の話だが、冬に撮影されていたので、一部に吐く息が白く写っているシーンがある。

最初にこの映画を観た映画会社の上層部は、この映画は絶対にヒットしないと判断し、当初に公開した映画館はロサンゼルスで2館、ニューヨークでは1館のみだった、という有名な話がある。

この映画に欠かせないのが数多くの当時の流行歌で、これらは“オールディーズ”として、日本でも大人気となり、ひとつのジャンルとして定着することになる。ただ、これらの楽曲の著作権が問題になり、この映画の他国での公開やソフト化のネックとなる場合も多かった。

また本作の大ヒットによって青春時代のエピソードを当時のヒット曲で描く映画を「アメグラもの」と表現されることがある。

キーワード用語集

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧