SP版に切り替える
映画作品一覧
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

外国人映画作品

基本情報>
バルカン超特急(ばるかんちょうとっきゅう The Lady Vanishes)
1938年12月25日に公開されたイギリス映画。モノクロ作品。
監督はアルフレッド・ヒッチコックであり、原作はエセル・リナ・ホワイトの「The Wheel Spins」である。ヨーロッパの架空の国・パンドリカの列車内で起こる密室サスペンス。密室劇でありながらも、タイトルが示す通り、超特急=時間の概念もミステリーに加味されていているなど、ヒッチコックのイギリス時代の成功作品として知られている。ニューヨーク批評家協会賞を受賞する等、ヒッチコックの戦前の隠れた傑作とする人も多い。また、1979年には、テレビシリーズ「こちらブルームーン探偵社」で有名なシビル・シェパード主演で「レディ・バニッシュ 暗号を歌う女」というタイトルでリメイクされている。

あらすじ>
突然消えた乗客。事件は架空のヨーロッパの国であるパンドリカからイギリスに帰る間に起こった。主人公であるアイリス・ヘンダーソン(マーガレット・ロックウッド)は、車内で知り合ったイギリス人の老夫人ミス・フロイ(メイ・ウィッティ)が突然消えてしまったことに驚き、捜索を開始する。しかし乗客たちは誰一人として彼女の存在を知らなかったのだ。みな一様に「ミス・フロイという乗客はいなかった」と口々に語るのだった。アイリスは乗車前に頭を強く打っており、医者は怪我の後遺症だと決めつけている。果たしてミス・フロイは消失したのか?それとも…そもそもそんな女性はいなかったのだろうか?しかしアイリスはミス・フロイの眼鏡を発見し、彼女が列車に乗っていたことを確信する。そしてそれは、さらなるどんでん返しの幕開けにしか過ぎなかったのだ・・・

エピソード>
ナチス・ドイツ台頭の時期であり、実は政治性の高い作品となっている。しかしヒッチコック映画の醍醐味である「サスペンス」、「ラブ・ロマンス」は十分に発揮されている。

本作品の大きなプロットである「そんな乗客はいなかった」は2005年に公開されたロベルト・シュヴェンケのサスペンス映画「フライトプラン」にも大きく影響を与えている。

ファンにはお楽しみの“ヒッチコック・カメオ登場シーン”であるが、本作ではエンディング間際のヴィクトリア駅で、黒いコートを羽織りタバコをふかしながら通り過ぎていく男性が彼である。

キーワード用語集

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧