SP版に切り替える
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

外国人映画作品

基本情報>
キャリー(きゃりー Carrie)
1976年11月3日に公開されたアメリカ映画。
監督はブライアン・デ・パルマ。原作はスティーヴン・キングの同名小説である「キャリー」である。陰湿な“いじめ”が街に恐怖を呼び込むホラー映画で、スティーヴン・キングは本作を「私の作品がもっとも忠実に映像化されている」と絶賛、出演したシシー・スペイセクとパイパー・ローリーはアカデミー賞を受賞するなど非常に高い評価を受けた作品。1999年に続編の「キャリー2」が、2013年にはキンバリー・ピアーズ監督によるリメイク版が作られた。

あらすじ>
主人公は冴えない容姿で自分に自信が持てない女子高校生のキャリー・ホワイト(シシー・スペイセク)。彼女はその性格からクラスで酷いいじめを受けていた。ある日の体育の授業後にシャワー室で彼女は初潮を迎える。熱狂的なキリスト教信者である母マーガレットはキャリーに月経について教えておらず、キャリーはとても混乱をしてしまう。それを見ていたいじめっこたちは、ここぞとばかりにキャリーをからかうのだった。その場は体育教師によってどうにか収められたのだが、しかしキャリーをいじめていたクリス・ハーゲンセン(ナンシー・アレン)やスー・スネル(エイミー・アーヴィング)はプラムパーティーの参加の禁止、もしくは毎日居残りで体育授業という罰を受ける。スーはいじめていた罪滅しに、恋人であるトミー(ウィリアム・カット)にプロムパーティーにキャリーを誘うようにお願いをする。一方のクリスはキャリーを逆恨みする。キャリーに地獄を見せてやりたいクリスは、とんでもない「仕返し」の準備をするのだった。プロムパーティーの夜。想像もしない悲劇が会場を襲うことになる…

エピソード>
デ・パルマにとって、「悪魔のシスター」のスマッシュヒットに続き本作は大成功を収めた。そのためにサスペンス・ホラー映画の監督としての地位を築くことになる。本作のヒットによってデ・パルマは世界的にその名を広めることになった。また、本作の成功は彼の長年の夢であったアルフレッド・ベスターのSF小説「分解された男」の映画化のチャンスを得ることになる。また、事実上ハリウッドを干されていた彼の復帰第1作目であるともいえる。

キーワード用語集

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧