SP版に切り替える
映画作品一覧
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

外国人映画作品

基本情報>
キル・ビル Vol.1(きる・びるぼりゅーむわん Kill Bill: Vol.1)
2003年10月10日に公開されたアメリカ映画。
監督はクエンティン・タランティーノであり、脚本や原案もタランティーノ自身が務めている。また、当初は「キル・ビル Vol.1」と、翌年に公開された「キル・ビル Vol.2 ザ・ラブ・ストーリー」は1作に収まる予定であったが、最終的には2つに分けられた。タイトルが指し示す通り、敵の黒幕である“ビル”を倒すまでのバイオレンス・アクションムービーであるが、各所に日本映画を含む、あらゆる映画のオマージュやパロディも散りばめられいて、コメディと捉える向きもある。また、作品の舞台に日本のシーンがあることから、数多くの日本人俳優が参加している。

あらすじ>
殺し屋だったザ・ブライド(ユマ・サーマン)は自身の結婚を機に、稼業から足を洗うことになった。結婚式の予行練習を教会で行うという幸せの絶頂の中、突然襲撃を受ける。それは自分がかつて所属していた殺し屋組織のボスであるビルと配下の4人だった。夫を殺害され妊娠していたザ・ブライドも酷いリンチに合い昏睡状態になるほどの重症を負う。4年後病院で目を覚ましたザ・ブライドは幸せを奪った5人に復讐するため、静かに準備をはじめるのだった…

エピソード>
作品内に数々のオマージュが見られる、非常にタランティーノらしい作品に仕上がっている。特に日本を舞台にしていることもあり、日本作品からのオマージュが多い。特に梶芽衣子版の「修羅雪姫」からのヒントを得た設定やシーンが多く、修羅雪姫の原作者である小池一夫は映画会社に版権使用料を請求し、実際に版権料が支払われている。また、タランティーノは梶芽衣子の大ファンであることを公言しており、梶が歌う「修羅の花」が挿入歌、「怨み節」がエンディングとして使用されている。

東京に向かうブライドの乗る旅客機が夕焼け空の中を飛ぶシーンは、1968年に公開された怪奇特撮映画『吸血鬼ゴケミドロ』のオマージュである。また、殺陣の場面での手足が飛び血が吹き出す描写は『子連れ狼 三途の川の乳母車』のオマージュである。ブルース・リーのトラックスーツのようなメジャーなものだけでなく、このような、日本人でも気付かないようなマイナーといえる作品への心配りも、いかにもタランティーノらしいといえる。

キーワード用語集

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧