SP版に切り替える
映画作品一覧
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

外国人映画作品

基本情報>
気狂いピエロ(きちがいぴえろ/きぐるいぴえろ Pierrot Le Fou)
1967年7月7日に公開されたフランス映画。
監督はジャン=リュック・ゴダール。原作はライオネル・ホワイトの小説「十一時の悪魔」である。「勝手にしやがれ」と並んで、ゴダールのヌーヴェルヴァーグ時代の代表作とされる。特に映画的な文法や基本に基づいた撮り方にこだわらず(もしくはこだわらないように見せかけて)、長回しの合間合間に写し出される独特のインサート、そして物語は映画史に残る衝撃のラストシーンに至る。破滅への逃避行を続ける不毛な男と女を描いた、ヌーヴェルヴァーグの記念碑的な作品であると評価されている。

あらすじ>
主人公フェルディナン(ジャン=ポール・ベルモンド)の通称は「気狂いピエロ」。彼は結婚をしていたが、非常に退屈で不幸な日々を送っていた。ある日のパーティで昔の恋人であるマリアンヌ(アンナ・カリーナ)と再会したフェルディナンは、そのまま二人で一夜を過ごす。朝になり彼が目を覚ますと部屋には、首にハサミが突き立ったままの、見知らぬ男の死体があった。そんな状況の中、まったく動じないマリアンヌ。彼女に問いただすと「わけはあとで話すから」といわれ、二人の逃避行がはじまるのだった。フェルディナンは面倒なことに巻き込まれていると感じながらも、退屈な日常から逃れるチャンスだとも考えていたのだった。アルジェリア人のギャングに追いかけられたりしながらも、フェルディナンの顔は明るく満足げであった。ある海岸ではまるでロビンソン・クルーソーのような自給自足の生活を送ったりもしたのだが、そんな生活を楽しんでいるフェルディナンと違って、マリアンヌは少々面倒くさく感じてきていたようだった。とある街にさしかかった時、彼女は不思議な小人をハサミで突き刺し殺すと、煙のように消えてしまったのだった・・・

エピソード>
本作のタイトルは日本では「気狂いピエロ」と訳されている。正しい読み方は「きちがい-」であるが、差別語にまつわる各放送局や販売元の配慮によって「きぐるい-」としているところが多い。また、最近ではフランス語をカタカナ表記した「ピエロ・ル・フ」とするところもある。

主演女優のアンナ・カリーナはゴダールの元妻である。二人は1961年に結婚し、65年に離婚している。

キーワード用語集

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧