SP版に切り替える
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

外国人映画作品

基本情報>
スピード(すぴーど Speed)
1994年6月10日に公開されたアメリカ映画。
監督はヤン・デ・ボン。脚本グレアム・ヨスト。アンドレイ・コンチャロフスキー監督の映画「暴走機関車」の黒澤明オリジナル脚本から着想を得て執筆している。また、本作はヤン・デ・ボン監督の監督処女作となっている。テロvsSWATのノンストップ・アクションで、時速50マイル(およそ80km/h)以下になるとバスが爆発してしまう等といった、単なるアクションだけではなく、頭脳戦とパズルアクションをクリアしていく感覚が受けて、低迷が続いていたハリウッド・アクション映画界に大きな革命をもたらしたといわれている。高い評価と興行成績を得て、アカデミー賞で2部門を受賞している。1997年に同じくヤン・デ・ポン監督の続編「スピード2」も公開、こちらは小室哲哉がテーマ曲をリミックスしたことでも話題となった。

あらすじ>
ロサンゼルス市警察SWAT隊員であるジャック・トラヴェン(キアヌ・リーブス)たちと元爆発物処理班員であり市当局を恨むハワード・ペイン(デニス・ホッパー)との死闘をスリリングに描いた作品。ロサンゼルスのオフィスビルにあるエレベーターに、爆弾が仕掛けられたという通報が入る。この爆弾はジャックたちによって何とか無事に処理されるのだが、この爆弾をしかけたのは、元爆発処理班だったペインだったのだ。彼は処理中の事故で、左手を失うという大ケガを負ったが、それに対する市当局の対応に恨みを抱いていた。その後、ペインは路線バスに爆弾をしかける。この爆弾は50マイル(時速約80Km)を下回ると爆発するというとんでもない代物であった…

エピソード>
本作は1975年に公開された佐藤純弥監督の映画「新幹線大爆破」からも強い影響を受けているとされる。「時速80km以下になったと同時に爆発する爆弾」という本作における「キモ」の部分の設定が同じである。ただし、「新幹線大爆破」も本作と同じく「暴走機関車」のオリジナル脚本家の影響を受けているとしているので、類似点が多いのは当然という見方もできる。

本作でキアヌ・リーブスが着用していた、カシオ製の腕時計「G-SHOCK」のDW-5600シリーズは、この映画のヒットによって、以降「スピードモデル」と呼ばれるようになった

キーワード用語集

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧