SP版に切り替える
映画作品一覧
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

外国人映画作品

基本情報>
スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(すたー・うぉーず えぴそーど3/しすのふくしゅう)
2005年5月25日に公開されたアメリカ映画。
監督はジョージ・ルーカス。脚本も務めている。スター・ウォーズシリーズの最終作であり「4~6の旧三部作」と「1~3の新三部作」を繋ぐ重要なエピソードである。本シリーズの人気キャラクターであるダース・ベイダーがどのようにして誕生したかを描いている。カンヌ国際映画祭のオープニング作品として特別上映された。本国アメリカでは、シリーズ唯一の「PG-13」(13歳未満の児童には不適切な箇所あり。保護者の判断が必要)に指定された。

あらすじ>
クローン大戦から4年が経過、戦況は共和国にとって優位な状況にあった。その後も、数多くの問題が発生するがオビ=ワン・ケノービ(ユアン・マクレガー)とアナキン・スカイウォーカー(ヘイデン・クリステンセン)の活躍によって解決していく。しかしアナキン・スカイウォーカーの心は少しづつ暗黒面へと傾いていく。自分の家族を守りたいという心、議会の自身に対する境遇への不満など心の弱さをシス卿ダース・シディアス(イアン・マクダーミド)に突かれついに彼は暗黒面に落ちてしまう。そしてアナキンは、シスとしての名「ダース・ベイダー」を与えられジェダイ達に牙をむき始めるのだった…これはダース・ベイダーが誕生するまでの物語。

エピソード>
アメリカでは公開初日が平日であり、仮病やサボりなどで仕事を休む人が続出した。そのため一説には6億2700万ドルの損失をアメリカ経済に与えたとされている。

ムスタファーでのアクションシーンの一部構成をスティーヴン・スピルバーグが担当し、アシスタント・ディレクターとしてクレジットされた。

本作で最初に撮影されたのは、オビ=ワンがルークを養父母に託すラストシーンであり、エピソード2のタトゥイーンの場面の撮影時に既に撮影されている。

2005年の間に全世界で関連商品を30億ドル売り上げ、LIMA(International Licensing Industry Merchandisers Association。国際ライセンシング産業マーチャンダイザーズ協会)から「ベスト・ライセンス賞」に選ばれた。

興行的には成功したものの、1年で最低の映画を選ぶゴールデンラズベリー賞でヘイデン・クリステンセンが最低助演男優賞(主役を演じたにもかかわらず、「助演」というのも一種の嫌味。しかしキャスト順ではオビ・ワン役のユアン・マクレガーが先頭に記載される)とされる結果となった。

キーワード用語集

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧