SP版に切り替える
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

日本人映画作品

基本情報>
晩春(ばんしゅん)
1949年(昭和24年)9月13日に公開された日本映画。
監督は小津安二郎であり、原作は広津和郎の小説「父と娘」である。娘の結婚について悩む父親を描いたホームドラマであり、これ以降、小津はこのテーマに深く切り込んでいくことになる。本作で「紀子」を演じている原節子は、小津の「麦秋」と「東京物語」でも同名の役を演じており、そのことから、これらの作品を『(小津の)紀子三部作』と呼ぶことがある。“原節子の起用”、“家族をテーマにしたドラマ”、“脚本家・野田高梧との共同執筆作業”など、小津節を発揮するための数多くの要因が、本作で確立したといえる。なお、2003年に小津安二郎生誕100年を記念し、「娘の結婚」というタイトルでリメイクされ、WOWOWのドラマとして放送された。(リメイク版の監督は市川崑、主演は長塚京三、鈴木京香)

あらすじ>
曽宮周吉(笠智衆)は早くに妻に先立たれ、大学教授をしながら娘の紀子(原節子)と二人暮らしをしているのだった。娘の紀子は体もそう強くないし、父は父で仕事が忙しいわけで、いつのまにか27歳という、当時の女性としてはかなり微妙な年齢になっているというのに、まだ嫁に行くでもなく、父の身の回りの世話などをしているのだが、それが周吉にはとても申し訳ないやら、そして複雑な思いをするやらなのであった。周吉の妹、田口まさ(杉村春子)も心配している。この頃では紀子も元気で、同級生の女友達・北川アヤ(月丘夢路)とよく遊びに行く。アヤは一たん結婚したが、今のところバツイチ出戻りということで、ひとまず1回は結婚を経験しているということなのだ。また周吉の助手をしている服部(宇佐美淳)もまもなく結婚するという。周吉も、妹のまさも、なんとかして紀子を結婚させようとするが、肝心の紀子は首を縦に振らないのだった。仕方なく周吉は一計を巡らす。それは妹のマサが持ってきた茶道の師匠・三輪秋子との再婚話を、自分が受け入れると嘘をつくことだった。そうすれば、もしかしたら紀子の心だって動くかもしれない。それによって結婚を決意させようとしたのであるが・・・

エピソード>
本作には、日本映画史に残る「壺のカット論争」というものが存在している。これは京都の旅館のシーンで笠智衆と原節子が枕を並べて眠っていると、一瞬壺のカットが入るというものである。この壷のワンカットが、いったい何を表現しようとしているのか?意図は?数々の意見が出され、いまだに決着はついていない。

キーワード用語集

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧