SP版に切り替える
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

日本人映画作品

基本情報>
GO(ごー)
2001年(平成13年)10月20日に公開された日本映画。
監督は行定勲であり、原作は金城一紀の同名小説「GO」である。脚本は宮藤官九郎。原作は第123回直木賞作品であり、出版と同時に各方面から映像化に期待する声が上がっていた。在日韓国人と日本人との恋愛を描いているが、政治的な問題よりもむしろ、現状における若者の国籍問題にスポットを当てた作品に仕上がっている。本作の日本国内での評価は非常に高く、日本国内の数々の賞を総嘗めにした他、第52回ベルリン国際映画祭・パノラマ部門にも出品された。参加したスタッフ、キャストにとっての代名詞となる作品であり、各自の紹介時には「GO」に参加したことがほぼ確実に明記されるほどである。キャッチコピーは『国境線なんか俺が消してやる』

あらすじ>
杉原(窪塚洋介)は日本の高校に通っている在日韓国人だが、本人にとってはあまり関係ない話。それよりも彼に寄ってくる「挑戦者」たちとのケンカや仲間たちとの悪さに忙しい日々を送っている。そんなある日、ヤクザの息子で友人の加藤(村田充)が開いたパーティーで、桜井(柴崎コウ)という不思議な女の子と出会う。一風変わった彼女とギクシャクしながらも徐々に親密になっていくのだが、そんな気持ちと反比例するかのように、「在日韓国人」であることを伝えるのが怖くなり始めていくのだった。そんな中、親友であり、もっとも尊敬していた仲間のジョンイル(細山田隆人)が、駅のホームで少年に刺されて死んでしまう。仲間たちは敵討ちに向かおうと激怒するのだが、杉原はあまりのショックと自分の中の葛藤を抑えきれず、仲間の約束を無視して桜井に救いを求める。そこで彼は自身が在日韓国人であることをついに告白するのだが・・・

エピソード>
原作者である金城一紀は桜井のイメージを「柴咲コウ」としており、映画化の際にその通りのキャスティングとなった。

もともと原作のファンであった松任谷由実が脚本を担当した宮藤官九郎と対談をした際に、「映画『GO』が凄い好きだった」「映画の方が面白いかも」と発言をしている。

Mr.Chldrenの桜井和寿は「GO」に影響を受けて『youthful daiys』を書き上げた。この縁から、金城の次回映画作「フライ、ダディ、フライ」ではMr.Childrenが主題歌を担当することとなった。

キーワード用語集

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧