SP版に切り替える
映画作品一覧
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

日本人映画作品

※ここでは主に円谷英二に関して記載をしています

基本情報>
ゴジラの逆襲(ごじらのぎゃくしゅう)
1955年(昭和30年)4月24日に公開された日本映画。
モノクロ作品。監督は小田基義だが、特撮部分を担当した円谷英二が、今作で初めて“特技監督”としてクレジットされている。ゴジラ映画シリーズの第2作目。前作の公開からわずか5ヶ月という短いスパンでの新作公開となった。これは前作の「ゴジラ」が空前の大ヒットとなったためで、製作開始から完成までわずか3ヶ月未満という異例の早さである。今作では舞台を大阪(関西)に移しているが、これは関西の映画館経営者や興行関係者たちが熱望したためとされる。また今作で初めて、ライバル格の怪獣アンギラスを登場させ、後のゴジラシリーズに欠かせない『怪獣対決』の源流を感じさせる。ゴジラとアンギラスの戦いのあおりを食らい、大阪城天守閣が破壊されるというシーンは、怪獣の大きさや力強さを視覚化できるという、特撮ならではの見事な演出であると評価も高い。

あらすじ>
死んだはずのゴジラが再び現れ、同時に雄叫びと共に巨大怪獣が登場。二体の怪獣は争い再び海に消えていく。数日後に、目撃者の証言から科学者たちによって怪獣の正体が発覚する。ゴジラと争っていた怪獣は凶暴な肉食恐竜のアンキロサウルス、通称「アンギラス」であった。ゴジラとアンギラスへの対策が検討されるが、怪獣を葬り去ることができる唯一の手段であるオキシジェン・デストロイヤーは芹沢博士の死によって使用できないため手詰まりとなってしまう。そこで、水爆実験の記憶から、光を憎悪し向かって行くというゴジラの性質を利用して、灯火管制によって市街から遠ざけるというアイデアを実行、作戦は順調に進行し、ゴジラと、それを追うアンギラスは紀伊水道洋上へと誘導され、民衆はホッと胸をなでおろす。しかし同じころ、混乱に乗じて脱走を図った囚人たちがタンクローリーを奪い逃走、誤って石油コンビナートに激突。大阪沿岸の工業地帯は火の海になってしまった。燃え上がる炎に惹かれるように、ゴジラは大阪・此花区めがけて上陸するのだった・・・

エピソード>
製作された大阪城のミニュチュアは当時の価格で50万円という破格の値段だった。しかしあまりにも丈夫に作りすぎてしまったために、ゴジラが体当たりをしても上手く壊れず撮影はNG。そのため、ゴジラの動きに合わせて裏からワイヤーを引っ張り、城の天守閣を倒壊させるというアイデアが採用されたのだが、今度はタイミングが合わずに失敗。2週間をかけて城のセットを修復をすることになった。

キーワード用語集

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧