SP版に切り替える
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

日本人映画作品

基本情報>
裸の島(はだかのしま)
1960年(昭和35年)11月23日に公開された日本映画。
監督は新藤兼人であり、脚本も自らが担当している。全編がセリフ無しで作られているのが特徴で、わずか11人のスタッフ・4人の出演者・予算は500万円・撮影期間は1ヶ月という、ごくごく小規模での映画製作であった。映画製作の会社“近代映画協会”の解散記念作品として制作された本編だったが、モスクワ国際映画祭でグランプリを獲り、その作品性が認められ最終的に世界62ヶ国に作品の上映権を売ることで近代映画協会の借金を返済し、会社はその後も存続することになった。また、本作は新藤の名前を世界に知らしめる作品となったことと同時に、日本映画会に「自主制作映画」という新しい可能性を見出させることに成功した作品でもある。

あらすじ>
瀬戸内海にある電気・ガス・水道がない周囲約500メートルの小島が作品舞台。その島にはほとんど平地もなく、わずかに平らになっている場所に掘っ立て小屋を建て、そこにアヒルなどと共に住んでいる夫婦と男の子2人の、4人家族の姿を淡々と描いた作品である。基本的に農作業には向かないその島なのだが、山の斜面の一部を利用して麦やサツマイモを植え、夫婦は隣の島まで船を漕いで水を貰いに行く。そこに住む夫婦と子供たちの生活を淡々と描くのみの作品であり、孤島での自然との戦いが中心になっている。また、その土地も借りている土地であり、家族は定期的に農作物を納めなければならないのだった。そんなある日、子どもたちが島で大きな鯛を釣り上げた。家族に少しだけ幸せな時間が訪れる。鯛を売ったお金で街に出掛け、ほんのちょっぴり幸せ気分を味わう4人なのだった・・・だがしかし、その後、この家族を突然の悲劇が襲う。ある日、長男は突然に高熱に襲われるのだった。もちろんのこと、島に医者はいない。父は八方手を尽くして医者を探し回る・・

エピソード>
妻役の乙羽信子は宝塚出身(NHK連続テレビ小説「おしん」で晩年のおしんを演じたことでも有名)で、どちらかといえばお嬢様として育った女優であるが、この映画の撮影が終わる頃には農夫と見間違えられるほど、農作業をしている姿が板についたといわれている。また、亡くなった後に、遺骨の半分を本作が撮影されたロケ地・宿祢島に散骨した。

キーワード用語集

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧