SP版に切り替える
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

日本人映画作品

基本情報>
包帯クラブ(ほうたいクラブ)
2007年(平成19年)9月15日に公開された日本映画。
監督は堤幸彦であり、原作は天童荒太による小説作品である。心に傷を持つ若者たちが織り成す群像劇だが、ほとんどの映画館で上映期間が3週間で打ち切りと、興行収入は高くない。しかし、2007年度ブルーリボン賞では作品として邦画ベストテン入りし、堤幸彦は監督賞候補に上るなど、評価は非常に高い作品である。また、韓国やタイでも公開された。撮影は全編が群馬県高崎市で行われた。キャッチコピーは『あの包帯がなければ、ただの10代だったと思う。』

あらすじ>
今時の女子校生ワラ(石原さとみ)は両親の離婚がきっかけで、少し投げやりな生活を送っていた。そして、普通の女の子として、このまま一生退屈な人生を送っていってよいのだろうか?と不安になったりもしていた。そんなある日に偶然、病院の屋上でディノ(柳楽優弥)という少年と出会う。ディノは不思議な少年で、怪しい関西弁と“包帯”を使う。その包帯は「傷」にではなく、傷ついた「場所」に巻きつけるのだ。その包帯を見て心の血が止まったように感じたワラは、ディノのほかに親友のタンシオ(貫地谷しおり)やギモ(田中圭)を巻き込んで、「包帯クラブ」を結成する。包帯クラブはインターネットを利用して、ホームページに投稿された依頼を受ける形で、口にはできない心の痛みや傷、悩む人たちの心を癒していく。しかし、評判が良くなるにつれ、だんだんと『荒らし』も増えてくる。サイトは攻撃され、密告者が現れて。そうしてやがて「包帯クラブ」としての活動自体が困難になっていくのだった・・・

エピソード>
同作品はTBSの番組「王様のブランチ」がサポート体制を敷き、番組ジョイント・プロジェクトとして製作された。

業界初の試みとして、一般鑑賞料金を1000円とする早割チケット販売が、2007年7月1日~7月31日の期間限定で実施された。試写会の場所が映画館だけではなくカラオケのビッグ・エコーや予備校の代々木ゼミナールなどで行われた。

高校生として本作の主役を務めた石原さとみだが、このときはもうすでに20歳を越えていたので、「こんな自分が高校生の制服を着ていても大丈夫なんだろうか?」と常に心配だったそうである。

キーワード用語集

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧