SP版に切り替える
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

日本人映画作品

基本情報>
女優霊(じょゆうれい)
1996年(平成8年)3月2日に公開された日本映画。
監督は中田秀夫、脚本は高橋洋。のちに鈴木光司原作の小説「リング」の映像化で、新時代のジャパニーズ・ホラーを幕開けする二人の初タッグ作品である。本作は中田にとっての映画デビュー作であり、同時に初期の傑作として数えられている。2010年にアメリカでフルーツ・チャン監督によるリメイク版「THE JOYUREI~女優霊~」が公開された。

あらすじ>
監督に昇進したばかりの村井(柳ユーレイ)は気合が入っていた。なんといっても初監督作品である。あらゆる準備は万全、カメラテストも順調に進む。ところが、そのラッシュフィルムをチェックしたところ、途中から今回のストーリーには全く関係ない映像が紛れていた。どうやら昔、製作中止になった作品の一部のようでもある。しかし、その映像は、村井が幼い頃にどこかで見たことのあるような映像だったのだ。釈然としない思いをかかえながらも、彼の撮影は順調に進んでいったのだが、ある日、村井はロケバスの窓から、髪の長い女性を見かけてギョッとする。それはあのフィルムに写っていた女性だったのだ。不気味に思いながらもロケを続行させているうちに、出演している女優の一人がセットの上から転落死したのだった。おぼろげな記憶を頼りに、子供の頃に見た映像の真相をしらべていくうち、恐ろしいことが判明する。その記憶の中の彼女もまた女優で、昔、今回の事件と同じ場所で、そして同じように転落死したということだった・・・

エピソード>
本作はジャパニーズ・ホラーブームの礎として高い評価を受けている。しかし同時に、ホラー愛好家の間では「あまり怖くない」という否定的な意見もある。その評価に対しての反省と、『今度は思いっきり怖がらせてやろうという』という挑戦の気持ちから、世界的に大ヒットした「リング」は誕生している。

本作の骨子ともいえる、“主人公の村井が子供の頃に見た映像”というのは、脚本の高橋洋が実際に体験した話である。高橋は幼い頃にテレビで「シェラ・デ・コブレの幽霊」という作品の予告編を見、その記憶が本作品のモチーフとなっている。なお、この「シェラ・デ・コブレの幽霊」は、現存するフィルムが世界に2本しか確認されてないというホラー映画で、マニア垂涎の作品である。

キーワード用語集

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧