SP版に切り替える
映画作品一覧
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

日本人映画作品

基本情報>
真夜中の弥次さん喜多さん(まよなかのやじさんきたさん)
2005年(平成17年)4月2日に公開された日本映画。
監督・脚本は宮藤官九郎であり、宮藤初の映画監督作品でもある。原作はしりあがり寿の漫画作品で、十返舎一九の「東海道中膝栗毛」をモチーフにした「真夜中の弥次さん喜多さん」、「弥次喜多in DEEP」、小説「真夜中の弥次さん喜多さん」。クドカン+しりあがり寿で分かる通りの、シュールな爆笑ギャグが至る所に散りばめられた、コメディタッチ時代劇ロードムービーである。2005年度新藤兼人賞金賞 受賞作品。キャッチコピーは『お伊勢参りへ行こうぜベイベー』。

あらすじ>
ワイルドで男らしい弥次郎兵衛こと弥次さん(長瀬智也)と美貌の役者・喜多八こと喜多さん(中村七之助)はバリバリのゲイで恋人同士だったが、弥次さんには妻が、喜多さんはドラッグ中毒であるなど、二人の恋愛には多くの問題があった。ある時、ふとした弾みから妻のお初(小池栄子)を殺害してしまった弥次さんは、喜多さんを連れて江戸を飛び出し、お伊勢参りを兼ねて自分探しの旅と喜多さんの薬物中毒を治そうと思い立つ。しかし旅の行く先々には、“笑いをとれないと通れない関所”だの“すべての言動をダンスで表現しなきゃ通れない街”だのが並び、彼らの行く手を阻むのだった。足止めを食ってる間に、妻の死体も発見されて、町奉行の金々(阿部サダヲ)と岡っ引呑々(柄本佑)たちにも追われることになり・・・果たして二人はどこにたどり着くことになるのだろうか?

エピソード>
原作者である漫画家のしりあがり寿も本作品に「たわぁ麗溝堂店主」として出演している。また同じく音楽を担当しているZAZEN BOYSのメンバーも作品内に出演している。

今ではテレビ・映画界でひっぱりだこの大人気である“クドカン”こと宮藤官九郎だが、上記の通り、本作が映画監督デビューであり、この話が決まったときには「映画はちゃんと基礎を学んだ人が撮るべきで、自分には無理だろうと思っていた」と答えている。本作の脚本を書いている時点では、監督は別の人がやるものと思っていたそうである。

あまりにも突飛な内容のため、原作のしりあがり寿は、本作が映画化されることは不可能だと思っていたそうで、この話がきた時も、当初はアニメーション作品だろうと思っていたそうである。

キーワード用語集

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧