SP版に切り替える
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

日本人映画作品

基本情報>
もののけ姫(もののけひめ)
1997年(平成9年)7月12日に公開された長編アニメーション作品。
監督は宮崎駿。構想16年、制作に3年をかけた大作である。春先までロングラン上映を実施した映画館もあったことで、観客動員数1420万人興行収入193億円を記録し当時の日本映画の興行記録を塗り替えたスタジオジブリの長編アニメーション作品となっている。本作はスタジオジブリに対する一般のイメージを大きく変えた作品と言われている。今までは作画枚数が5万から7万枚ほどであったが、本作では14万枚以上となり、「もののけ姫」以降はその枚数がジブリの中では通常になっている。宮崎は「ジブリを使い倒す」意気込みで製作に臨んだとしている。周りのステレオタイプ的な意見などに応えないで製作をしたとしている。ベルリン映画祭銀熊賞を受賞するなど国内外で非常に高い評価を得た作品となっている。

あらすじ>
主人公であるアシタカは村を襲った「タタリ神」に死の呪いをかけられる。その解決方法を探るために村を出る。その途中、アシタカは犬神モロに襲われて谷に転落した牛飼いを助けたことから、製鉄工場・タタラ場に寄ることになる。そのタタラ場に森を守る山犬一族、そして山犬として生きる人間の少女サンが襲撃をする。それがアシタカとサンの運命の出会いであった。森を守るとする者、生きるために森を切り拓く者、神を殺そうとする者、それぞれの立場の者たちが壮絶な戦いを繰り広げていく…果たしてアシタカは死の呪いから解放される時は来るのか…

エピソード>
本作品のキャッチコピーは「生きろ」であり、有名なコピーライターである糸井重里が担当をした。しかしこのキャッチコピーが生まれるまでに鈴木敏夫プロデューサーの間で激しいやり取りがあったといわれている。ボツ案は50以上にのぼり、別案として「おそろしいか、愛しいか。」「だいじなものは、ありますか。」などが候補としてあった。
主題歌「もののけ姫」(作詞 – 宮崎駿 / 作曲・編曲 – 久石譲)を歌う米良美一は、女性のような高い声で歌うカウンターテナーが話題になり、この作品によって広く認知されるようになった。

1999年1月22日に『金曜ロードショー』で初のTV放送がされ関東地区で35.1%、西日本地区で40.8%の視聴率を記録した。

イギリスの若手劇団「Whole Hog Theatre」(ホール・ホグ・シアター)によって舞台化された。劇団が宮崎監督の友人であるニック・パークを通してオファーしたところ、劇団が作成したテスト映像を見た宮崎監督がGOサインを出したという。宮崎監督が自作の舞台化を許諾するのはこれが初である。

キーワード用語集

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧