SP版に切り替える
映画作品一覧
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

日本人映画作品

基本情報>
男はつらいよ(おとこはつらいよ
)1969年(昭和44)8月27日に公開された日本映画。
監督は山田洋次であり、27年に渡って合計48作品が製作された。渥美清演じる『車寅次郎』のファッション、「それを言っちゃぁおしめぇよ」などの名台詞、マドンナに片思いをして失恋といった、のちのシリーズの基本となる設定や演出、妹のさくら、おいちゃん、おばちゃん、タコ社長、寺男の源公などの名脇役たちも、この第1作目でほぼ固まっている。お盆と暮れの日本人の風物詩であり、文字通り昭和を代表する国民的映画として親しまれてきたシリーズの、記念すべき第1作目である

あらすじ>
主人公の車寅次郎(渥美清)は、「フーテンの寅」と呼ばれる香具師であり、中学生の時に父親と喧嘩をして家を出ていたが、急に故郷である葛飾柴又に帰って来た。腹違いの妹さくら(倍賞千恵子)を残し、両親が死んだと風のうわさで聞いたためである。20年ぶりに涙の再会を果たしたさくらは、すっかり美しい女性へと成長を遂げていた。それを見た寅次郎は大感激。妹の幸せのために奮闘をはじめるが、気合いは空回りの連続。見合いの席では酔っ払って大失態を犯すなどなかなか上手く行かず、おいちゃんらと大ゲンカのあげく、また旅から旅への生活へと戻っていく。その旅先で奈良で出会った冬子(光本幸子)に一目惚れした寅次郎は、彼女と共に故郷の柴又へ再び帰ってくる。そこで聞いたのは工場の職人・博の「さくらさんが好きです」という告白だった。博の真剣さに打たれた寅次郎は再び妹さくらのために何かできないかと画策をはじめるが…

エピソード>
シリーズ全48作品は「世界最長の映画シリーズ」として、ギネスブックの国際版に認定されている。ただし、これは作品数に限ってのことであり、年数としては『007』シリーズの方が長い(007の第1作目“ドクター・ノオ”は1962年公開)。

渥美清と山田洋次監督のコンビでおなじみのシリーズだが、当初は何人かの監督が持ち回りで製作することになっていた。実際に第3作目と第4作目は別の監督によって撮影されている。山田洋次が再びメガホンを取った第5作目「男はつらいよ 望郷篇」でシリーズを完結させる予定であった。

上記の通り「男はつらいよ」は正月映画の定番シリーズでもあり、俳句の世界では「寅さん」が冬の季語として認められている。

キーワード用語集

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧