SP版に切り替える
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

日本人映画作品

基本情報>
西鶴一代女(さいかくいちだいおんな)
1952年(昭和27年)4月17日に公開された日本映画。
監督は溝口健二であり、原作は井原西鶴の浮世草子「好色一代女」である。脚本は依田義賢が担当した。本作は低迷が続いていた溝口が黒澤明の「羅生門」が国際的な評価を受けていることを知り、強い刺激を受けて作成したといわれる。長回しや流麗なカメラワークなど溝口の傑作と押す人も多い。本作はヴェネチア映画祭国際賞受賞。その感性は日本国内だけではなく、ヌーヴェルヴァーグ世代の若い監督を中心に世界中から称賛された。

あらすじ>
奈良の町はずれの古寺にたたずむ街娼たち。それぞれに愚痴を言い合っている。その中の一人に、厚化粧をしても歳をごまかせない女、お春(田中絹代)の姿もあった。焚火の明かりに照らし出される仏像の顔に、お春はかつて自分の許を通り過ぎていった男たちの顔を照らし合わせていくのだった・・・御所に勤めていた頃の、若く美しいお春に恋をした公卿の勝之介(三船敏郎)は、強引に彼女を犯そうとしたところを見つかってしまい打ち首に。お春は家族とともに追放されてしまったのだった。宇治に移り松平家の側室に取り立てられ、子供まで生まれたというのに側近の妬みを買い実家へ帰らされ、島原の廓に身を売られるも金持ちに身受けされる直前に彼が偽金作りだと発覚し、住込女中の仕事にありつくも、芸者だったことがばれて・・・と、数々の不運に足元を掬われ、今では醜く下賎な街娼にまで身を落としてしまっている自分。だが、そんなある日、松平家の側室だったころに生んだ子供が、今では立派な大名になったという話を耳にする。

エピソード>
主演の田中絹代とは公私共に関係をもっていた。映画人との私的な関係があまり見られない溝口にとっては異例のことであった。女優たちに対する暴言が有名であった彼だが、田中絹代だけは例外であり、紳士的な態度を崩さなかったとされる。

大がかりなセットを丸一日かけて移動させ、そして翌日には「元に戻せ」と指示し、激怒した助監督や美術スタッフたちに去られてしまう。現場では暴君として知られる溝口監督らしいエピソードだが、これは彼の「西鶴一代女」に賭ける思いが強すぎたためとも、ただ単にいいアングルが見つからなかったための時間稼ぎだったとも言われている。

キーワード用語集

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧