SP版に切り替える
映画作品一覧
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

日本人映画作品

※ここでは主に円谷英二に関して記載をしています

基本情報>
空の大怪獣ラドン(そらのだいかいじゅうらどん)
1956年(昭和31年)12月26日公開された日本映画。
監督は本編を本多猪四郎、特撮部分を円谷英二が担当している。東宝映画初のカラー怪獣映画。原作は日本のオカルト・ライターの草分け的存在である黒沼健が担当。ゴジラに続く怪獣として、そしてこの後に続くモスラらと共に、東宝怪獣映画を支えていくことになる。中生代に生息していた翼竜・プテラノドンの生き残りで、核実験の際の放射能の影響を受け復活。体長8メートル、体重1トンの空飛ぶ怪獣として、本作では九州を中心に大暴れする。

あらすじ>
熊本・阿蘇付近の炭鉱で謎の出水事故が発生した。現場に駆けつけた技師の河村繁(佐原健二)は、そこで炭鉱夫の無残な惨殺死体を発見する。炭鉱は騒然となる中、容疑者が上がるも確証に欠き犯人探しは難航する。捜査を進める警察官も惨殺され、事件は連続殺人事件へと発展するものと思われたその時、意外な真犯人が見つかる。それは体長2メートルを超える巨大な古代トンボの幼虫・メガヌロンであった。しかしこのとき地震が起こり炭鉱は落盤するという大事故が発生。坑内に閉じ込められ意識を失い、記憶を失いながらも、河村は無数の怪獣の蠢きと、それらを食らう別の怪獣の姿をおぼろげにみるのだった。時同じくして、国籍不明の超音速飛行物体が確認される。そして、事件に呼応するかのように家畜や人が忽然と消えて行く。不可解な出来事に日本中が慄く中、落盤事故の生存者である河村は恋人の飼っている文鳥の卵が孵化する様子を見て、とてつもなく恐ろしい怪獣のことを思い出すのだった…

エピソード>
本作の脚本には、黒澤明もアドバイスを出したといわれている。

ラドンの卵や体重などを計測するためにコンピューターを使用する場面があるが、日本の怪獣映画だけではなくSF作品においてもエレクトロニクス機器を導入する場面が出てくるのはこれが初めてである。

衝撃のラストシーン、噴火する阿蘇山に墜落し苦しむラドンの姿は、特撮ファンの間でも語り草となっているが、実はピアノ線が溶岩のセットの熱で焼き切れたためであり、脚本上でのラストシーンは「ラドンは(死なずに)阿蘇山上空を飛ぶ」だけであった。

キーワード用語集

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧