SP版に切り替える
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

日本人映画作品

基本情報>
富江 re-birth(とみえ・りばーす)
2001年(平成13年)3月24日に公開された日本映画。監督は清水崇であり、脚本は藤岡美暢が担当。なお、のちに「呪怨」シリーズで大ヒットを飛ばすことになる清水監督の、劇場版デビュー作でもある。原作は恐怖漫画の第一人者でもある伊藤潤二。伊藤の描く、恐怖漫画史に残るキャラクターである美しき不死身の悪女“川上富江”が男たちを狂わせていくサスペンス・ホラーシリーズ第3弾である。原作のうちから『滝壺』『画家』『毛髪』などをアレンジして脚本化されていて、これまでよりも富江の怪物性がより強調されている。キャッチコピーは『殺しても殺しても蘇るー恐怖は人間の形をしている。』

あらすじ>
美大生の木股英雄(忍成修吾)は、富江(酒井美紀)の美しさに惹かれ、彼女をモデルとして肖像画を描いていた。しかし、その肖像画は、無残にも富江自身によって、英雄の目の前で破り去られてしまう。キレた彼は発作的に富江を殺害してしまい、友人の青山巧(妻夫木聡)、細田俊一(黄川田将也)の協力の元、彼女の死体を山中に埋めたのだった。後日、英雄を元気付けようと、3人は連れ立って合コンに参加することになった。会場に行ってみると、一人、参加の予定のない女性の姿がある。よく見てみると、それは紛れもなく、彼らが殺して、山の中の地中奥深くに埋めたはずの富江であった・・・その夜、発狂をした英雄は自殺をしてしまう。そして、俊一と巧、それだけにとどまらず、恐怖の矛先は俊一の母の朋子(中島ゆたか)、巧の彼女・ひとみ(遠藤久美子)にまで向けられる。富江によって彼・彼女らの人生は大きく狂っていくことになるのだった…

エピソード>
前の2作品よりも、富江の無邪気さが強調されていて、より原作の不条理さに近付いている作品だといえる。また、残虐なシーン、ゾンビ的なアプローチも多用されており、ホラーマニアからの評価も高い。

上記の通り、清水崇監督のスクリーンデビュー作である。本作公開時に、新宿ジョイシネマで初めての舞台挨拶に立つことになった。このときに同じ舞台にいたのが、まだ本格的にブレイクする前の妻夫木聡である。彼はこの年に矢口史靖監督の「ウォーターボーイズ」に出演し、売れっ子役者の仲間入りを果たすことになる。

キーワード用語集

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧