SP版に切り替える
映像制作ソフトの使い方
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

After Effects CS6

□ After Effects CS6のエフェクトの調整

ここでは、After Effects CS6のエフェクトの調整に関して説明をしていきます。【After Effects CS6の画像・映像データのエフェクト挿入方法】で挿入を行ったグローのエフェクトの調整をここでは行なっていきます。After Effects CS6には様々なエフェクトが用意されていますが、ちょっとした一手間を加えるだけで理想的な効果を生み出すことが可能になっています。ぜひ、マスターをしてください。

① エフェクト調整を行う素材を選択する
After Effects CS6_14_1
After Effects CS6の画像・映像データのエフェクト挿入方法】でグローのエフェクト挿入を行った「鳥の画像」を今回は調整していきます。いまでは光が強すぎるので、自然なかたちに変更をしてみましょう。

② エフェクトの調整
After Effects CS6_14_2
エフェクトの調整は「エフェクトコントロールパネル」を使って行なっていきます。現在の設定の中から今回は「グロー半径」と「グロー強度」を変更したいと思います。試しに両方の数値を「0」にしてみましょう。

After Effects CS6_14_3
上の画像のように変更をしたい数値をクリックすると自由に数値を設定できるようになります。今回は「グロー半径:10→0」、「グロー強度:1.0→0」に変更を行います。

After Effects CS6_14_4
数値を変化させたことによって、ほとんど元の画像と変わらない状態になりました。ここから少しずつ数値を動かしていき、自然な光を作っていきたいと思います。

After Effects CS6_14_5
今回は「グローしきい値:60%→70%」、「グロー半径:0→8」、「グロー強度:0→0.5」に変更しています。

グローエフェクト調整前>
After Effects CS6_14_6

グローエフェクト調整後>
After Effects CS6_14_7

このように変化しました。元のグローと比較してかなり自然な光になったと感じるはずです。このようにAfter Effects CS6では簡単にエフェクトの調整を行うことができます。

After Effects CS6_14_8
また、エフェクトの調整はタイムラインからも行うことができます。自分の好みにあった方法で調整を行なってみてください。今回は「自然な状態にする調整」を行いましたがより過剰に変化を付けることも可能になっています。また、画像でエフェクトの調整方法を紹介しましたが、映像でも調整が可能になっています。色々と実験をして何がどのようにできるのかを研究してみてください。次はAfter Effects CS6のエフェクトのアレンジと組合せに関して説明をしていきます。

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧