SP版に切り替える
映像制作ソフトの使い方
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

After Effects CS6

□ After Effects CS6の各画面説明

ここでは、After Effects CS6の基本画面について説明をしていきたいと思います。基本的な作りは動画編集ソフトに似ているために、経験者の方は体感的に理解ができると思います。ここでは各画面の基本的な機能に関して説明を行なっています。

編集画面>
After Effects CS6_4_1
こちらが、Premiere Pro CS6の編集画面になります。Premiere Pro CS6など他のAdobe製品と基本的なレイアウトは似通っています。そのため、動画製作ソフトを使用したことがある方なら直感的に操作が可能になっています。

パーツごとの説明>
After Effects CS6_4_2

① プロジェクトパネル
After Effects CS6_4_3
プロジェクトパネルは、Premiere Pro CS6で動画製作を行う際に使用をするフッテージ(各素材)の一覧を表示するものです。各フッテージの情報も同時に確認が可能になっています。

② コンポジションパネル
After Effects CS6_4_4
コンポジションパネルは「プレヴュー」を表示することが可能になっています。Premiere Pro CS6によって製作された動画の確認が可能になっています。

③ タイムラインパネル
After Effects CS6_4_6
タイムラインパネルは、動画を構築する上で非常に重要なパネルになります。タイムラインに並べられたものがコンポジションパネルに表示されます。また、レイヤーなどの操作もタイムラインパネルで行われます。

④ その他のパネル
After Effects CS6_4_5
情報パネルは、コンポジションパネル上のポインターの位置情報、色情報などが掲載されます。

After Effects CS6_4_9
オーディオパネルは、タイムラインに配置されたフッテージのサウンドをモニタしたり、調整する機能があります。

After Effects CS6_4_8
ツールパネルは、フッテージ操作やテキスト製作時などに使用を行うパネルになります。

After Effects CS6_4_7
エフェクト&プリセットパネルは、レイヤーに適応されるエフェクトがカテゴリーごとに分類されています。自分で製作を行ったエフェクトの使用も行えます。

以上が、After Effects CS6の基本画面についての説明になります。After Effects CS6では各パネルのサイズは位置を自由に配置することが可能です。自分が使いやすいかたちにカスタマイズを行なってみてください。次は、After Effects CS6のフッテージとコンポジションについて説明をしていきます。

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧