SP版に切り替える
映像制作ソフトの使い方
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

After Effects CS6

□ After Effects CS6のレンダリング方法

ここでは、After Effects CS6のレンダリング方法を説明していきます。そもそもレンダリングとは「動画再生ソフトで読み込めるように書きだす」作業のことを指します。そのため、【After Effects CS6のプロジェクトの保存と開き方】で説明をしているプロジェクトの保存とは大きく意味合いがことなります。

レンダリングとプロジェクトの保存の違い>
レンダリングとは、動画再生ソフトで再生が可能な状態にすることを指しています。そのため、作業段階のデータではなく作業が完了したデータに行われます。作業の最後に行うアクションとも言えます。一方、プロジェクトの保存はAfter Effects CS6でしか再生が出来ない状態のデータになります。また、作業中にデータの保存のために使用されます。このようにレンダリングとプロジェクトの保存はまったく別のものです。それぞれのタイミングで使用をしてください。また、レンダリングを行う前には必ずプロジェクトの保存をしておきましょう。レンダリングはパソコンに非常に大きな負荷をかけます。データのサイズ次第ではパソコンがフリーズしてしまう可能性があります。そのため、事前に作業データを保存しておいた方が安全です。

① レンダリングをするデータの確認
After Effects CS6_20_1
レンダリングを行うデータを確認しましょう。特にタイムラインの部分は注意が必要です。レイヤーの表示・非表示など見落としがちな部分があるので一度プレビューで確認をすることをオススメします。

After Effects CS6_20_2
メニューの「コンポジション」→「レンダーキューに追加」をクリックします。

After Effects CS6_20_3
タイムラインのレンダーキューにレンダリング情報が追加されます。ここでは、「レンダリング設定」、「出力モジュール」、「出力先」の設定や変更が可能になっています。自分の用途にあった設定を行なってみてください。

After Effects CS6_20_4
設定が終了したら、右上にある「レンダリング」ボタンをクリックしてください。レンダリングが開始されます。

After Effects CS6_20_5
レンダリングが開始されます。レンダリングが終了するまで待ちましょう。また、レンダリングが終了した後に、書きだしたデータが再生可能かどうか試してみましょう。稀に書き出しに失敗するケースがあるので、必ず再生を行いデータに問題がないかチェックする必要があります。

以上で、After Effects CS6の説明を終了します。After Effects CS6は非常に優秀なソフトであると同時に難しいソフトでもあります。ここでは紹介しきれていない様々な機能が存在しています。ここで説明している内容はあくまで基本的な使い方になっています。これより先は自分で使用方法を学んでいってください。After Effects CS6には無限の可能性があります。積極的に活用をしていってください。

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧