SP版に切り替える
映像制作ソフトの使い方
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

EDIUS Neo 3

□ EDIUS Neo 3の各データの繋ぎ目調整
動画編集において繋ぎ目の調整は肝です。この部分が自然な動画は見やすく、不自然な動画は違和感へと繋がります。繋ぎ目の調整は、感覚やセンスに依存する部分が大きいのですが、まずは技術として方法を知っておくことは最低限です。ここでは各データの繋ぎ目調整について説明をしていきたいと思います。サンプルとして今回は、画像と映像を接続します。

① レイアウターを選択します。
まずは画像側から調整をしていきたいと思います。タイムライン上の「ピンクのライン」が画像になるので、こちらから調整をしていきます。
EDIUS Neo 3_13_1

EDIUS Neo 3_13_2
インフォメーションパレットの「レイアウター」をダブルクリックして、起動させます。

② レイアウター操作
EDIUS Neo 3_13_3
上の画像が起動したレイアウター画面になります。

EDIUS Neo 3_13_4
こちらの部分のバーを下げていき、「不透明度/カラー」を探します。

EDIUS Neo 3_13_5
下にスクロールをしていくと見つかるはずです。見つけたらチェックマークを入れます。

EDIUS Neo 3_13_6

EDIUS Neo 3_13_7
青くなっている「▼」のボタンをクリックすると追加で「素材の不透明度」、「背景の塗潰しカラー」、「背景の不透明度」が出現します。

EDIUS Neo 3_13_8
マウスのポインターの「◇」をクリックするとキーフレームが打てます。ここではフェードのタイミングを設定できるということです。下の画像が実際にフェードを指定した画像になります。

EDIUS Neo 3_13_9
「◇」のマークがライン上に組み込まれました。フェードする箇所がこれによって指定されました。

EDIUS Neo 3_13_10
現在調整をしている部分は、画像データの末尾となります。そのため、左側のキーフレーム値を100、右側のキーフレーム値を0に設定します。綺麗なフェードを作るために「100と0」での設定を行なっています。

EDIUS Neo 3_13_11
右側の「素材の不透明度」が0に設定されているために、上記のように真っ黒な画像になります。これで画像側の調整は一回終了です。次は映像の先頭部分の調整になります。

③ 映像データの調整
EDIUS Neo 3_13_12
先ほど画像データを調整したように、次は映像データの調整を行う必要があります。先ほどの画像と同じ手順で、次は映像データの先頭フェードの製作を行なってください。画像と同じくフェードの製作を行うのですがポイントとしては先ほど「100と0」で製作したキーフレームを今回は「0と100」で製作することです。これによって非常に綺麗なフェードの作成が行えます。

④ 新トラックの製作
EDIUS Neo 3_13_13
上の画像は、画像と映像の繋ぎの部分を表示しています。末尾と先頭の間にフェードを入れているために真っ黒に表示されています。この部分を埋めて、画像→映像の流れを自然にしたいと思います。

EDIUS Neo 3_13_14

EDIUS Neo 3_13_15
タイムライン左の部分で右クリックを押すと「各種トラックの追加」が出現します。

EDIUS Neo 3_13_16
ここでは「VAトラックの追加を選択」をクリックします。
選択可能なトラックに関してですが下記になります。
VAトラック=ビデオ&オーディオトラック(動画挿入推奨トラック)
 Vトラック=ビデオトラック(静止画挿入推奨トラック)
 Tトラック=テキストトラック(文字挿入用トラック)
 Aトラック=オーディオトラック(音声挿入用トラック)
推奨とはあくまで、タイムラインを無駄に圧迫しないという意味での推奨なので好みに合わせてトラックは選択してください。

EDIUS Neo 3_13_17
新しいトラックができました。下の2種類の画像を見比べればわかりますが、新トラックが追加され、厚みが増えたことがわります。

□トラック追加前
EDIUS Neo 3_13_18

□トラック追加後
EDIUS Neo 3_13_19

⑤ 新トラックへのデータ移動
EDIUS Neo 3_13_20

新しくできたトラックにデータをドラッグアンドドロップして移します。上記の画像のクリップビュー画面をよく見てみてください。

□移動前
EDIUS Neo 3_13_21

□移動後
EDIUS Neo 3_13_22

EDIUS Neo 3_13_23

前のデータと後ろのデータのフェードが綺麗に重なるよう、前後にずらし調整して完成です。これによって綺麗に画像と映像が繋がりました。データ同士の繋ぎ目の調整はなかなか面倒な作業です。しかし最初に説明をさせて頂いたように、動画にとって繋ぎ目は肝となっています。綺麗で滑らかな切り替えはそれだけで、動画の質を向上させるので丁寧に行なってみてください。

次は「テキストの挿入」について説明をしていきます。

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧