SP版に切り替える
映像制作ソフトの使い方
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

動画編集ソフトの歴史

□ 誰でも動画を発信できる時代

パソコンの圧倒的な高性能・低価格化、そしてインターネットの爆発的な普及をバックグラウンドとして、現在は、誰もがデジタルデータを扱うことができる時代となり、誰もが簡単に動画製作を行える時代となっています。同時に、インターネットによる世界的なネットワークの構築は「動画を作りたい」という欲求だけにとどまらず、「動画を公開したい」という欲求を満たしています。

2004年にはじめて動画が投稿された動画共有サービスである「You Tube」は、個人の動画クリエイターを爆発的に増加させることに貢献し、動画制作ソフトなどの需要を高めています。当然、そこに投稿される動画の質はピンキリではありますが、その中には「これが一般の素人なのか」と思うほどの映像作品も数多く投稿されています。

また、2006年にサービスが開始された、日本版動画共有サービスである「ニコニコ動画」は、特に若年層のネットユーザーをターゲットとして、様々な動画が製作され、日々、大量の動画が投稿されています。かつて動画とは、「特殊な技術」「特殊な環境」といった要素がが揃って、はじめて一般に公開されるという、非常に限定的な作品のひとつでした。

しかし、コンピュータ、そしてインターネットの普及を背景としたデジタルデータの時代において、それは全く特殊なことではなく、誰もが行えるものとして広く定着をはじめています。今や、専門業者だけが製作できるようなものではなく、環境さえ整えば中学生や高校生でも動画を制作できる時代になっているわけです。現在、我々が生活しているこの時代は、「動画」というものの定義が大きく変わっている時代といっても過言ではないでしょう。

□ 動画の時代のリスク

しかし、誰もが動画制作と公開・投稿ができる現代には、数多くのリスクが存在しています。ひとつ挙げるとすれば、楽曲や画像などにおける「著作権」の問題です。著作権は個人利用の範疇であれば特に問題はないのですが、個人の範囲で製作され投稿されたものが爆発的な人気となり、後になって著作権などのような権利関係でトラブルが発生したケースというのは、現代において決して珍しい話ではありません。

リスクに対する対応というものはは、映画業界でもTV業界でも、業界全体や企業全体の“知識”として構築されてきました。それはルールであり、モラル・倫理とも呼べるものです。しかし個人で製作を行っている人たちには、そういった蓄積がありません。そのために、リスクを知らずに動画を公開してしまうケースが多いように感じます。

また個人への中傷などがあった場合、アナログデータであれば回収をすることで事態の収拾が比較的容易でしたが、インターネット上に公開されたデジタルデータの場合は、完全に消すことが不可能と言われています。悪意がないままに中傷をしている可能性や、悪意なき中傷を受けている可能性など、デジタルデータの時代ならではの問題は山積しています。

つまり、私たちは今、リスクとメリットが共存し、数多くの問題が入り組んだ「カオスの時代」に存在しているのです。動画製作や公開・投稿を行う際は、そのことぜひとも忘れずにいていただきたいのです。それが「誰でも動画を発信できる時代」に最低限持つべきモラルだと思います。

モラルなき業界は、リスクにさらされ、徐々にメリットが失われてゆきます。これは熟成された市場に良く見られる現象ですが、モラルが崩壊することで、徐々に業界や市場のリスクが拡大してゆく…という話は、決して珍しいことではないのです。かつてはプロフェッショナル・専門家だけであった業界・市場が、一般にも広く普及した結果、非常にリスクが大きくなり、国がそのリスクを管理しなければならなくなった、という事例もあります。

例えば「投資」の業界です。昔は銀行のトレーダーだけが扱う事のできた株式や外貨の取引が、一般の人達でも“手軽に”扱うことができるようになった途端、モラルの未成熟なことから財産を失う人などが急増し、国が法律などを用いて規制をかけるようになったことは、記憶に新しい話です。今、同様のことがこの動画制作と公開・投稿に起こりつつあります。

幸い、未だ規制などで管理されることはありませんが、動画の公開によって生活に被害を及ぼすような事例が増えれば、規制される可能性も否定できません。そうなる前に、私たちひとりひとりがしっかりとモラルについて考えるべきと言えます。趣味として楽しむ人もいれば、ビジネスとして制作を行う人もいます。

しかし、いずれにおいても根底にあるものは同じであり、不自由な業界になってほしいと願っている人は誰一人いないはずです。これからも自由な動画制作と公開・投稿を続けたいと願うのであれば、リスク・メリット、そしてモラルについての考え方を、少しずつでも改めてゆく必要があるのではないでしょうか。

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧