SP版に切り替える
映像制作ソフトの使い方
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

Premiere Elements 11

□ Premiere Elements 11のタイムラインへの並べ方

一つ前までの説明で、Premiere Elements 11に各動画素材を取り込む方法を説明してきました。ここからは具体的に動画を製作する作業について説明をしていきます。そもそもタイムラインとは、視覚的に動画の「繋がり」を見るためのものです。大雑把な言い方をしてしまえばタイムラインに各素材を並べてしまえば繋がりをもった「動画」となります。実際は、各素材の繋がりやテキストなどを挿入することでちゃんとした動画になるのですがタイムラインに素材を並べることが動画製作の基本となります。

① タイムラインの確認
Premiere Elements 11_8_1

Premiere Elements 11の基本画面の説明】で触れましたが、上の画像がタイムラインになります。ここで表示しているタイムラインは、Premiere Elements 11のクイックモードのものになります。今回はPremiere Elements 11を「アマチュア向け動画製作ソフト」として説明しているので基本的にはクイックモードでの説明を行います。このタイムラインはPremiere Elements 11独自のものではなく、動画製作ソフトと呼ばれるものにはほとんど組み込まれています。

タイムラインは上から、「テキスト」・「映像/写真」・「ナレーション」・「オーディオ」と分かれています。そのため、複数の素材を同時に再生することができます。つまりニュースのように映像を流しながらBGMを流し、ナレーションを入れ、字幕を出すことが可能です。

② タイムラインに各素材を取り込む方法
タイムラインに素材を組み込む方法は、【Premiere Elements 11画像ソース取り込み】、【Premiere Elements 11映像ソース取り込み】、【Premiere Elements 11音声ソース取り込み】で説明をしています。そちらを参照してください。

③ 素材の移動を行う
Premiere Elements 11_8_2
Premiere Elements 11_8_3
上の画像では、「鳥の画像」→「道路の映像」という順番でタイムラインに表示されています。この順番を入れ替えてみましょう。

Premiere Elements 11_8_4
タイムラインに並んでいる「鳥の画像」をドラッグします。「鳥の画像」をドラッグしながら、「道路の映像」の後まで持っていきます。すると上の画像のように「道路の映像」の後に「緑色の線」が出てきます。この緑の線が出てきたらドロップをします。

Premiere Elements 11_8_5
移動が完了したのが上の画像になります。順番が「道路の映像」→「鳥の画像」に切り替わりました。このように簡単にタイムラインに並んだ各素材の並び替えができます。効率よく動画製作するテクニックとして、まずは使う素材をタイムラインに並べてしまうことが挙げられます。その中で入れ替えをしながら自分のイメージを固めて行く作業は視覚的に見ることができるのでオススメです。

④ 音声素材を移動する
Premiere Elements 11_8_6
Premiere Elements 11_8_7
音声素材も画像や映像と同じく、簡単に移動ができます。また、音声の場合は「ナレーション」と「オーディオ」の2種があります。この2種間での移動も簡単に行うことができます。上の画像では「オーディオ」に音声素材がありますが、これを移動してみたいと思います。

Premiere Elements 11_8_8
移動の仕方は画像や映像とまったく同じです。ドラッグをして、移動をしたい場所でドロップをすれば終了です。

Premiere Elements 11_8_9
上の画像が、音声データが「オーディオ」から「ナレーション」に移動をした様子です。

このようにPremiere Elements 11では簡単にタイムライン上で各素材の移動が行えます。しかし複数の素材を簡単に並べられるためにちょっとした問題に遭遇する可能性があります。それが、「音声の重複」です。画像と音声の場合は、画像に音がないので問題はありません。ただし、映像と音声の場合は音がかぶってしまう場合があります。例えば運動会の映像に音声を組み込む場合に、運動会の声援などが邪魔になる場合があるということです。ここでは、不要な音の削除の方法も説明しておきます。

⑤ 映像素材の音声削除
Premiere Elements 11_8_7
タイムライン上の映像素材をクリックしてください。

Premiere Elements 11_8_10
クリックをした後に、右クリックを押すとポップアップが表示されます。その中から「オーディオを削除」を選択します。そうすれば簡単に映像音声の削除を行うことができます。映像の音声が不要な場合は、このように削除をしてみてください。

次は、Premiere Elements 11に取り込んだ各素材の長さを調整する方法を説明していきたいと思います。

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧