SP版に切り替える
映像制作ソフトの使い方
お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!

Windows Live ムービーメーカー

□ Windows Live ムービーメーカーの起動の仕方

Windows Live ムービーメーカーの起動の仕方は複数ありますが、ここでは基本的な起動の仕方を紹介させて頂きます。

① Windows Live ムービーメーカーのアイコンをクリックする
moviemaker_2_1

アイコンの場所は「スタート」メニュー→「すべてのプログラム」直下に追加されています。なかなか見つからないようなら「プログラムとファイルの検索」に「Windows Live」と入力をすればすぐに見つかるはずです。

② デスクトップにショートカットを用意する
moviemaker_2_2

頻繁にWindows Live ムービーメーカーを使用するならデスクトップにショートカットを用意しましょう。簡単にソフトの起動ができるのでショートカットの設置をオススメします。

□Windows Live ムービーメーカーの基本画面
moviemaker_2_3

上記の方法でWindows Live ムービーメーカーを起動するとソフトが立ち上がります。これがWindows Live ムービーメーカーの基本画面になります。
Windows Live ムービーメーカーは大きく3つの要素からなりたっており、上記画像に振られている番号は各要素を示したものとなっています。

① リボン・インタフェース
moviemaker_2_4

リボン・インタフェースでは「保存」や設定の変更など、Windows Live ムービーメーカーの基本的な操作を管理するためのものとなっています。これはマイクロソフト社の「Officeシリーズ」にも採用されており、見たことがある方も多いと思います。

② プレビュー・モニタ
この画面で自分が編集している動画をプレビュー再生することができます。自分が設定した効果などがどのように反映されているのかを確認できる、非常に便利なモニタになっています。

③ ストーリー・ボード
写真や動画などのオブジェクトを並べる場所になります。ここに並べたオブジェクトによって動画は製作されます。

これがWindows Live ムービーメーカーの基本画面になります。どこに何があって、何ができるかを覚えておけば作業が非常に効率的になります。初めてみる方は難しく感じるかもしれませんが、直感的にどこになにがあるのかわかりやすいのですぐに覚えられるはずです。また、WordやExcelなどマイクロソフト社製品と全体のレイアウトが似ているのも覚えやすい要因だと思います。次からはWindows Live ムービーメーカーのリボン・インタフェースについて詳しく触れていきたいと思います。

お問い合わせ Tel:03-5829-9155 平日10:00~23:00 ご予算ご要望によりどんな納期にも対応します。まずはご相談を!
お問い合わせフォーム ネットからのお問い合わせはこちらから!
このページのトップへ
  • 制作実績
  • お見積もり例
  • お客様の声
  • ボーダレスの強み
  • スペシャルコンテンツ
  • ボーダーレスの秘密
  • スタッフ対談
  • フォトスタジオ
  • ゲスト対談
  • 数字で見るボーダーレス
  • カメレオンスタジオ
  • 映像制作スタッフ募集
  • ボーダーレス Facebookページ
  • ボーダーレス Twitter
  • ボーダーレス LINE
  • ボーダーレス Instagram
  • Facebookでは、ボーダーレスの映像制作業の様子や、社内の雰囲気・日常をご紹介しています。Twitterでは役員やスタッフのブログ更新を中心にお知らせしておりますので、是非ともフォローしてみてください。

  • レオパードスティール
  • 松濤アクターズギムナジウム
  • 映像制作の流れ
  • 映像制作Q&A
  • 映像制作用語集
  • 映像制作ソフトの使い方
  • 映画作品一覧
  • 映画監督一覧