ディレクター

映像センス・コミュニケーション能力が問われる最重要ポジション

ディレクターは映像全体の企画・構成・演出を担当します。お客様のご要望をヒアリングして、最適なプランをご提案します。
案件の予算管理から、撮影手配、スタッフへの指示など仕事内容は多岐に渡ります。映像センスはもちろん、お客様やスタッフ同士とのコミュニケーションが大切な仕事です。

ディレクターの仕事内容

  • 企画提案、構成作成
  • 撮影現場での演出
  • 案件管理、スタッフへの指示
  • 編集エディター、グラフィックデザイナーへの指示
  • お客様とのやりとり

ディレクターの仕事の流れ

1.打ち合わせ

まず初めにお客様との打ち合わせを行ないます。ご要望やご希望をお伺いし、最適な演出プランをご提案します。企画が固まったら、社内のスタッフと打ち合わせをして、演出や方向性を共有します。

2.撮影現場での演出

撮影現場での責任者はディレクターです。どのような素材を撮るのか、事前の綿密な打ち合わせのもと、カメラマンやアシスタントに的確な指示を出して撮影を進行していきます。お客様や役者さんがリラックスできるように、現場を明るくさせる能力も必要とされます。

3.編集・グラフィック指示

編集エディターやグラフィックデザイナーに制作の指示を出していきます。オフライン編集はディレクター自身で行なうこともあります。映像のイメージを的確に伝えることが重要です。

4.MA

映像制作の最終作業です。効果音やBGM、ナレーションを挿入、調整していきます。基本はMAスタジオを利用しますが、簡易的なものであれば社内で対応することもあります。

5.納品

お客様の利用方法に合った形態で映像を納品します。テープ納品・DVD納品・データ納品など様々です。複数の形態で納品することもあります。

ディレクターからのコメント

ディレクターが最も重視されるのはコミュニケーション能力です。お客様やスタッフ同士との意思疎通ができていないと、イメージのズレができて、全員が納得する映像に仕上がりません。
ボーダーレスにはアシスタントという概念がないので、実力とやる気さえあれば、すぐにでもディレクターデビューができます!

エントリーバナー