編集エディター

映像を完成させる"創る"ポジション

撮影素材や、グラフィックデザイナーが制作したグラフィックで、映像を完成させていきます。カッコいい映像にこだわるのではなく、商品やサービスの意図をしっかりと伝える編集が大切です。

編集エディターの仕事内容

  • EDIUS Proを使用した映像編集
  • 仮ナレーションの収録
  • MAスタジオの手配、MA収録

編集エディターの仕事の流れ

1.打ち合わせ

ディレクター・撮影カメラマンと、どのような映像にするか打ち合わせを行ないます。撮影前に必要な素材を伝えておくことで、その後の編集が円滑に進みます。

2.仮編集

全体の構成・流れをお客様に見ていただくオフライン映像を編集します。テロップなどのグラフィックは仮の場合が多くなっています。原稿もチェックの意味もあり、ナレーションは仮として、社内スタッフの声で収録します。出来上がった映像は初回試写として、データでお送りする場合がほとんどです。

3.本編集

全体の流れ・構成が固まり次第、グラフィックデザイナーが制作したグラフィックを当て込み、完成映像として編集を進めます。前回お送りした映像の修正も反映し、カットの間やタイミングを調整していきます。

4.修正作業

お客様からの修正点をお伺いし、最終調整を行ないます。お客様に弊社にお越しいただき、映像を一緒に見ながら修正を行なう立ち会い編集を行なう場合もあります。

5.MA・納品

ナレーターによるナレーション収録を行ない、MA作業で音の調整を行ないます。データ納品・テープ納品・DVD納品、用途に合わせた形態で納品して終了です。

編集エディターからのコメント

中田 修平

中田 修平

編集の腕前はボーダーレス随一。お客様から直接指名されることも。

僕が編集で気をつけていることは"意味"を考えながら編集することです。カッコいい映像=クオリティの高い映像ではありません。
お客様のご要望や意図を伝える映像に仕上げるために、"意味"を意識することが大切なんです。

エントリーバナー