プロデュース

ボーダーレスのプロデュースは異なる

プロデュースと聞くと、いわゆるディレクターの上に立ち、案件をすべて管理しているプロデューサーというイメージがありますが、ボーダーレスでは意味合いが少々異なります。お客様の作りたい映像をお伺いし、クリエイターと協力して納品まで進めていくお仕事です。

プロデュースの仕事内容

  • お客様からのお問い合せ対応
  • 映像の企画作成、提案
  • 広報活動全般

プロデュースの仕事の流れ

1.社内打ち合わせ

チーム内での打ち合わせです。お客様へ最適なご提案をするためにアイディアを出し合います。

2.お問い合わせ対応

電話やメールできた映像制作のお問い合わせにご対応します。どのような映像を作りたいのかをヒアリングし、最適なご提案に繋げます。ご質問にお応えしたり、お会いする日時をセッティングします。

3.お見積りの作成

お伺いした内容を元に、お見積りを作成し、お客様にご提示します。映像はオーダーメイドの商品ですので、お客様の考えていることをいかに引き出すかが重要です。

4.クリエイターと打ち合わせ

案件の受注が決定したら、制作を担当するクリエイターに内容を伝達します。お客様のご要望を正確にクリエイターに伝え、満足して頂ける映像を作れるよう、クリエイターをサポートします。

エントリーバナー