イメージチーム 木川様

画がないのに画を作るということ、
これがすごい!おかげで助かっています。

ボーダーレスさんとは、長いおつきあいになりますが、よくお願いするのは、私たちが手掛けている地方局テレビ関連のグラフィックのお仕事です。

弊社がお願いしているのはグラフィック部分なのですが、依頼・制作にあたっての打ち合わせで私たちが「こういうことを伝えたい」と言うと、ボーダーレスさんから的確な演出をしてくれたグラフィックを制作してくれる、という点がとても助かっています。

ボーダーレスさんは、うちに一番欠けている要素である「画がないのに画を作る」いうピースを埋めてくれる会社さんで、その点において他の制作会社さんと比較しても頭ひとつ飛び抜けて強いと私たちは考えています。

洞察力があるのか、それともこういった打ち合わせに慣れているのか、それとも両方かはわかりませんが、依頼者である私たちが「こういうことを伝えたいんだ」ということ“だけ”を伝えさえすれば、ボーダーレスさんから「じゃあ、こうしましょう」「これはいかがですか?」というように具体的な“画”が出てくるところが素晴らしいと思っていますし、ボーダーレスさんの魅力だと思います。

映像業界というのは、今まで機材とかそういうハードの部分でクオリティを競ってきたところも多かったと思います。しかし、これからはコンテンツにおけるクオリティの時代だと思うんです。

ボーダーレスさんは、そんな時代の中で生き残る力を持っていると考えています。

彼らが持っているコンテンツ力というのは、企画力やマーケティング力などという面で秀でていることはもちろんですけれども、商品を訴える映像において、何か「これを伝えたいんだ!」というメッセージ性やインパクトといったものが極めて明確に映像という形へ落とし込まれていると思います。

こういった映像を生み出せる制作会社さんというのは希少ではないでしょうか。実際にこれまで私たちがお付き合いさせていただいた中で、ボーダーレスさんほどまとまりがあり、かつ高いインパクトを持った制作会社さんというのは、ちょっと思い出せません(だからこそ今、継続してお付き合いさせていただいているわけですが)。ですから、今後、ボーダーレスさんの映像というものはもっともっと需要が高まってくるんじゃないかと思います。

もちろん私たちも、引き続きグラフィック・映像についてお力添え頂こうと考えていますので、よろしくお願いします。

会社紹介

イメージチーム

カメラマン木川良弘の個人事業として開業。確かな技術が評価されCATVや地方局のCM制作、番組提供をはじめとし、フジテレビやNHK、テレビ東京等との取引実績を持つ。

また最新の映像技術を取り入れることにも積極的で、2012年には当時業界でもあまり普及していなかった4Kカメラによる撮影、納品の実績を上げている。 事業内容は映像に関わる多岐にわたり、幼稚園の発表会DVD制作からキー局への撮影技術協力、さらには映像を用いたブランディング、ダイレクトマーケティングまで様々である。

近年は「広告戦略コンサルサービス」を本格的に開始するなど、映像の技術力をベースに顧客のニーズに応える様々な提案を行っている。