山本 温貴

「なんとなく好き」からはじまった、
映像ディレクターへの道。

ディレクターチーム
ディレクター

山本 温貴Atsuki Yamamoto

石川県出身。工業高校卒業後、就職が嫌という理由で大学へ進学。
テレビ局やカメラアシスタントのバイトで動画制作の現場に関わるうち、ディレクターの仕事を志すようになる。
卒業と共に上京、ボーダーレスに入社し、現在はディレクターとして活躍中。

趣味 爬虫類飼育
座右の銘 『来世もある』
好きなスポーツ サッカー
好きな食べ物 梅干し
自分の長所 怒らないとこ
好きな映画 カイロの紫のバラ

はじまりは、「なんとなく映像が好き」

僕は石川県出身なのですが、工業高校だったので卒業後は就職する人がほとんどでした。当時はそれが嫌で、「昔から特撮や映画が好き」という軽い気持ちで映像を学べる学校へ進学を希望しました。

今思えば自分でもふわふわした動機だったと思います。結局、映像の学校は先生に反対され、技術系の学部がある大学へ進学することになりました。大学在学中は地元のテレビ局でバイトをしたり、フリーのカメラマンさんのお手伝いをして動画制作の現場に関わらせてもらっていました。

バイトは楽しかったのですが、はじめのうちは特にこの仕事に就きたいという目標もなく、映像に関わるものなら何でも良いという気持ちでした。でも、就職せずに大学へ行ったからには仕事としてやりたいことをみつけたいし、みつけないといけないと思って。

一体自分は映像の何が好きなのか?と考えたときに、脚本や演出の部分に魅力を感じていることに気がついたんです。

ようやく腹が決まり、制作会社のプランナーやディレクター職に絞って就職活動をはじめ、ボーダーレスに新卒で入社。入社と共に上京して、東京での生活がはじまりました。

仕事とやりがい

入社してまず驚いたのは、思っていたよりも映像の仕事って幅広い!ということです。

入社して最初の現場がセミナーの撮影だったのですが、バイト時代はテレビCMや商品プロモーション動画などの現場が主だったので、セミナー撮影というジャンルがあることを知らなかったんですよね。早いうちに映像の仕事に対するイメージを書き替えられたのは、僕にとって良い経験だったと思います。

それから半年ほど経って参加した大規模なプロジェクトでは、制作会社ならではのハードな一面も知ることになりました。

当時はまだアシスタントとしてでしたが、何ヶ月もかけてみんなで制作した動画ができあがったときの感動はよく覚えています。

入社して約4年ですが、今でも完成した動画を見るのは一番のやりがいかもしれません。

creator_023_img01-yamamoto.jpg

映像だからできる “おもしろいこと” を

僕は映像や動画制作が好きなので、これからも映像だからこそできることをたくさんご提案していきたいと思っています。

特に、“おもしろいこと” を考えるのは僕の得意分野です。この商品を売るためにはどんな方法があって、どういう見せ方をするのが面白いのか、色々考えてアイデアを出すことにかけては自信を持っています。

グラフィックを後から加える演出ももちろん良いのですが、個人的には撮影現場で行う演出が好きです。小道具やライティングなど工夫したり、現場にあるものを最大限活用しておもしろい映像を撮ることに魅力を感じます。これからはもっと新しい技法を取り入れたり、ちょっと変わった企画などにもどんどんチャレンジしていきたいですね。

スペシャルコンテンツ

ボーダーレスを支えているクリエイターや、
ボーダーレスの映像・動画制作についてわかりやすくまとめたスペシャルコンテンツを公開しています。
映像・動画制作のご依頼が初めてのお客さまにもおすすめのコンテンツです。

  • 動画制作の流れ
  • 動画制作Q&A
  • 設備紹介
  • 動画雑学コンテンツ

その他の動画制作関連サービス

ボーダーレスがプロデュースしている映像・動画制作関連サービスと、
ボーダーレスにご協力いただいている企業様のご紹介です。

映像・動画制作をご検討のお客さま

映像・動画制作の目的は、お客さまによって違います。
お客さま一人一人の目的やお悩みに対して的確で柔軟なご対応ができるのは、
完全内製化体制で実績を積んできたボーダーレスならでは。

映像・動画に関するご相談は、対応力と制作技術に自信を持つボーダーレスにお任せください。

ご相談や無料お見積りのご依頼は、電話またはメールからお気軽にどうぞ。

お気軽にお問合せ下さい
03-5829-9155
平日10:00~19:00
(土・日・祝日を除く)

無料相談・無料お見積りはこちらから

Pagetop